め組が出嶋早紀(Key)卒業ライブを開催! ――ラストには新メンバーのお披露目も

め組が出嶋早紀(Key)卒業ライブを開催! ――ラストには新メンバーのお披露目も
4月24日(土)にTSUTAYA O-WESTにて「ME-GUMI ONEMAN LIVE 2021 -Say Hello!-」が開催された。事前に告知されていた通り、本公演をもって結成当初からのメンバーである出嶋早紀(Key)がバンドを卒業。め組での出嶋ラスト・パフォーマンスを見届けようと、多くのファンが駆けつけた。

登場SEとともに、各メンバーが順にステージへ。この日は最後に出嶋が登場し、深々と頭を下げるとフロアからは割れんばかりの拍手。め組のデビュー・シングル”500マイルメートル“でこの日のライブは幕をあけた。

「今日でキーボードの出嶋がめ組から卒業します。僕たち、絶対に悔いることなく演奏しようと決めました。1曲1曲丁寧に丁寧に、そして心を込めて歌いますので、皆さんも思いっきり心に刻んでください」――そんなバンドの決意表明を菅原が語った後の“ぼくらの匙加減”、そして続くキャッチ―なポップナンバー“キキ”では、それぞれ菅原のメインボーカルに出嶋のコーラスが重なり、この日ならではの高揚感をかき立てるのであるが、そこに重さや暗さはなく、それぞれの新たな門出を祝う温かい空気に満ち溢れていた。

め組が出嶋早紀(Key)卒業ライブを開催! ――ラストには新メンバーのお披露目も - 出嶋早紀(Key)出嶋早紀(Key)
その後のMCでは各メンバーが出嶋との思い出をしみじみと語り合った。秋葉原のゲームセンターで夜通しMV撮影を行った話やツアー先の札幌で見つけた老舗ジャズバーで飛び入りのセッションをした話など、懐かしい話に花が咲く。中でもめ組結成当初、とある出来事で出嶋が落ち込んでいるのを察知した菅原が、彼女を励まそうと付け髭を装着し「必勝!」と書かれたハチマキを巻いてスタジオ練習に登場したというエピソードは、彼らの微笑ましくも強い絆で結ばれた関係性を物語っていた。

め組が出嶋早紀(Key)卒業ライブを開催! ――ラストには新メンバーのお披露目も
「後半戦は僕らのライブの集大成をお披露目したい」という菅原の言葉通り、“お化けだぞっておどかして”、各メンバーのソロプレイが輝くインスト・パート、そしてキラーチューン“悪魔の証明”など、5人のロック・モードが爆発。思わず「やっぱライブ、すげえいいなあ……何回もやりたいなあ……」とつぶやく菅原。「出嶋から卒業の相談を受けたときは、もちろんメンバーは落ち込んだりへこんだりしたけど、彼女のもの凄く前向きな姿勢や表情を見たときに、たった一度きりの人生を、出嶋も僕らも悔いることなく、前向きに歩んでいけるんじゃないかと思いました。明日からはそれぞれ別々の道を進むことになりますが、この2つの道を温かく、優しく、そして厳しく見守ってもらえると嬉しいです」という彼の言葉に続いた”YOLO“は、出嶋にとっての、そして会場にいたすべての人たちにとっての「人生の応援歌」として送り届けられたのだった。本編ラストは、出嶋がリードボーカルをつとめるロッカバラード”愛をさけるチーズみたいに“。ステージ中央に移動し、ハンドマイクひとつで歌い上げる彼女の佇まいは、とても力強く、同時に凛としていた。

め組が出嶋早紀(Key)卒業ライブを開催! ――ラストには新メンバーのお披露目も
アンコールを受けて再び5人が登場。“Amenity”を披露した後に、出嶋からあらためてファンに向けて挨拶があった。
「め組が結成されて6年間、みなさんにたくさんの思い出をいただきました。わたしにとってこの6年間、生活すべてがめ組でした。わたしの全ての喜怒哀楽がこのバンドから生まれていたんじゃないかっていうぐらい、本当に必死になれた6年間でした。め組のメンバーとは楽しいときも、ちょっと苦しいときも一緒に歩んできました。そして、みなさんからのSNSやライブ会場での温かい言葉、それがわたし自身をこの日まで導いてきてくれたと思ってます。みなさんにとって、わたしと過ごした時間が少しでもいい思い出になってくれて、いい娯楽になってくれていたら嬉しいです。自分自身も今日をスタート地点として歩んでいきます。みなさんと一緒に過ごしたこと、そしてめ組のメンバーとして6年間やってきたことを誇りに、日々生きていきたいと思います。本当に本当に、本当に、ありがとうございました!」――この日一番の盛大な拍手が響く。

め組が出嶋早紀(Key)卒業ライブを開催! ――ラストには新メンバーのお披露目も
彼女との別れを惜しみつつも、笑顔で送り出そうという温かい空気に会場が満たされる中、菅原からはサプライズ発表が。「僕たち自身も出嶋と同じく歩みを止めません。ここに来ているみなさんに、いち早くお知らせしたいことがあります。僕たちの新しい道を一緒に歩んでくれる人です」という紹介によりステージに登場したのは、新メンバーの久佐賀麗(key)。出嶋の卒業はバンド内で昨年末に決まっていたのだが、め組というバンドにとってはキーボードの不在は決定的かつ致命的な出来事。そんな折に出会ったのが久佐賀で、何度かセッションを重ねるたびに、新メンバーは彼女しかいない!という結論に至ったそうだ。今日のライブに来てくれたファンには、どうしてもいち早くお知らせしたいということで、本日のオン・ステージとなったわけである。しかも偶然ではあるのだが、出嶋と久佐賀は同じ音楽大学の先輩・後輩。「麗ちゃん、め組に入ってくれてありがとう! しょうもないときもたくさんあるから、そんなときは麗ちゃんが(男メンバー4人の)手綱を引っ張ってあげて(笑)」と先輩・出嶋から後輩・久佐賀へ温かいエールも送られた。

め組が出嶋早紀(Key)卒業ライブを開催! ――ラストには新メンバーのお披露目も
そしてアンコール・ラストは、ステージにあがる「6人」全員でプレイした“あたしのジゴワット”特別バージョン。新メンバーの久佐賀が固定の88鍵キーボードを弾き、リードボーカルを務める出嶋はショルダー・キーボードを弾きながら熱唱する。ソロパートでは、出嶋がステージを左右に動き回りながら、各メンバーと向かい合ってプレイに熱中し、この日一夜限りの“あたしのジゴワット”は、《あたし今もう最高よ!》という出嶋の歌でフィナーレを迎えた。全力でやり切った清々しい表情と新たな季節に突入した決意の表情、6人全員それぞれの顔にそんな気持ちを読み取ったのは決して自分だけではないはずだ。

め組が出嶋早紀(Key)卒業ライブを開催! ――ラストには新メンバーのお披露目も

なお本公演のフルサイズLIVE映像が4月29日(木祝)19:00〜より、め組公式YouTubeチャンネルにて1度限りプレミア公開されることが決定。アーカイブが残らない1度限りの公開となるため、当日会場へ足を運べなかったファンはぜひチェックを。

公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする