リナ・サワヤマ、キアヌ・リーヴス主演のアクション映画『ジョン・ウィック』シリーズ第4弾で長編映画デビュー

リナ・サワヤマ、キアヌ・リーヴス主演のアクション映画『ジョン・ウィック』シリーズ第4弾で長編映画デビュー

リナ・サワヤマが、キアヌ・リーヴス主演のアクション映画『ジョン・ウィック』シリーズの第4弾『John Wick: Chapter 4(原題)』で長編映画デビューを飾ることが明らかとなった。

2014年に公開されたシリーズ第1弾となる『ジョン・ウィック』は、ロシアのマフィアに妻を殺された元殺し屋ジョン・ウィックが、壮絶な復讐劇を繰り広げる姿が描かれる。続編となる『ジョン・ウィック:チャプター2』が2017年に、シリーズ第3弾『ジョン・ウィック:パラベラム』が2019年に公開された。

Deadline」によると、『John Wick: Chapter 4』でリナが演じるキャラクターやストーリーなどの詳細は不明だが、今夏に日本とフランス、ドイツで撮影が行われるとのこと。

前3作に続き、第4弾で監督を務めるチャド・スタエルスキがリナの出演について、以下のようにコメントしている。

「リナが、『John Wick: Chapter 4』で長編映画デビューすることを嬉しく思っています。彼女はこの映画に多くをもたらしてくれる、素晴らしい才能の持ち主です」


リナ自身も映画デビューについて、Instagramの投稿で報告している。


『John Wick: Chapter 4』でスタエルスキ監督は、キアヌとベイジル・イヴァニク(『アリー/ スター誕生』)、エリカ・リー(『ホワイト・ストーム』)らと共同製作総指揮も兼任し、映画は全米で2022年5月27日に公開予定となっている。



『ロッキング・オン』最新号のご購入はお近くの書店または以下のリンク先より。


リナ・サワヤマ、キアヌ・リーヴス主演のアクション映画『ジョン・ウィック』シリーズ第4弾で長編映画デビュー - 『rockin'on』2021年6月号『rockin'on』2021年6月号
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする