キッスのジーン・シモンズ、バンド名に「Fワード」を提案した思い出を語る

キッスのジーン・シモンズ、バンド名に「Fワード」を提案した思い出を語る

キッスのジーン・シモンズが、バンド名を決めるときに「Fワード」をメンバーに提案した思い出を語っている。

Blabbermouth」によると、米テレビ番組『Better Connecticut』に出演したジーンが、50年近く前に、いかにメンバーと一緒にバンド名のアイディアを出し合ったか当時を振り返った。

「20代の初めに俺は車を運転できなかったんだ。34歳になるまで運転はしなかった。ニューヨークならタクシーに乗ればいいからさ。それで、ポール(・スタンレー)がオンボロのマスタングかなんかを運転してて、俺と後部座席にはピーター(・クリス)かエース(・フレーリー)がいたと思う。俺たちはバンド名を考えようとしてたんだ。

それで、俺がステージでは言えない<F**k>にしたらどうだって提案したんだ。で、1stアルバムを『It』にしたら『F**k It』になるだろ。それで、2ndアルバムを『You』にしたら『F**k You』で、3rdアルバムを『Us』にしたら『F**k Us』になるってな。『クールだろ。どうだ?』って言って笑ってたんだ。

そしたら、どこまで本気だったのかわからないが、ポールが『バンド名をキッスにしよう』って言いだしたんだ。『おいおい、何て言った?』って思ったけど、すぐに決まったよ。何が起こったにしろ、自然にそうなったんだ。

マーケティング会社なんていなかったし、俺たちはマーケティングなんて知らなかったしさ。キッス ―― 地球上の誰もがキスについて知ってるし、普遍的だ。死の接吻やキス・オブ・ライフ(人工呼吸の他に、<生気を取り戻させる物>という比喩的な意味もある)とか色々あるだろ。だからピッタリだと感じたんだ」


なお、今年3月にオーストラリアのテレビ番組『The Project』に出演したポールがバンド名について、「世界中のどこにいようが、なじみのある言葉だと思ったんだ」と語っていた。



『ロッキング・オン』最新号のご購入は、お近くの書店または以下のリンク先より。

キッスのジーン・シモンズ、バンド名に「Fワード」を提案した思い出を語る - 『rockin'on』2021年7月号『rockin'on』2021年7月号

公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする