ロジャー・ウォーターズ、Facebookから受けたピンク・フロイドへの巨額オファーを一蹴していた

ロジャー・ウォーターズ、Facebookから受けたピンク・フロイドへの巨額オファーを一蹴していた

ロジャー・ウォーターズが、Facebookの創設者であるマーク・ザッカーバーグから直々にピンク・フロイドの曲“Another Brick In The Wall, Part 2”を使用したいとの連絡を受けたが、その莫大な金額のオファーを一蹴したと明かしている。

Ultimate Classic Rock」によると、ロジャーがウィキリークスの創始者ジュリアン・アサンジの解放を訴えるキャンペーン・イベントに出席した際、ザッカーバーグ本人から、FacebookとInstagramを宣伝するために映画で同曲を使用したいとのメールが届いたと語った。


「(メールの内容をプリントアウトした紙を見せながら)今朝、これが届いた。莫大な額のオファーで、その答えは、『ファ〇〇・ユーだ。応じる訳ないだろ!』だ。すべてを牛耳ろうとするFacebookの狡猾な動きだね。

それでも彼らは、今以上にFacebookとInstagramをデカくパワフルにするために、この曲を使いたがっている。SNSが、ここにいる私たち全員を検閲し続け、ジュリアン・アサンジの話が世の中に出ないようにするためにね。私は、こんなバカげたことに加担するつもりはないぞ、ザッカーバーグ」


さらにロジャーは、ザッカーバーグがFacebookを立ち上げる前に公開していた女性の容姿に得点をつけるサイトに言及し、「一体どうやって、こんな男が権力を得たんだ? それでも彼は健在で、世界で最も権力を持つ愚か者だ」と述べていた。



『ロッキング・オン』最新号のご購入は、お近くの書店または以下のリンク先より。

ロジャー・ウォーターズ、Facebookから受けたピンク・フロイドへの巨額オファーを一蹴していた - 『rockin'on』2021年7月号『rockin'on』2021年7月号

公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする