ミック・ジャガーの出版されなかった自伝のゴーストライター、「酷い経験だった」と告白

ミック・ジャガーの出版されなかった自伝のゴーストライター、「酷い経験だった」と告白

ザ・ローリング・ストーンズのフロントマン:ミック・ジャガーの自伝でゴーストライターを務めた人物が、「酷い経験だった」と作業の過程について明かしている。

「The Guardian」のインタビューを報じた「LOUDER」によると、ゴーストライターのバリー・コールマンは、1983年に出版社「Weidenfeld & Nicolson」から他のゴーストライターが完成させられなかった自伝の執筆を引き継ぐよう依頼されたという。その際、締め切りまでの期間は2週間しかなかったと述べている。

コールマンはニューヨークでプロジェクトに取り組み始めたが、最初のゴーストライターと連絡がつかなくなり、早い段階で事態が悪い方へ向かったという。

コールマンは仕事を引き渡されたときの状態について、「まともに読めるのは2章ぐらいだった。残りは(ミックが受けた)大量のインタビューの起こしで、最近の話はなかったね。すべてを繋ぎ合わせるのは酷い経験だったよ」と説明している。

そのインタビューのテープ起こし原稿では、ミックが初めてキース・リチャーズと出会った時のことや、1969年のブライアン・ジョーンズの死、オルタモントのロック・フェスティバルで観客の一人が(バイカーギャングの)ヘルズ・エンジェルズのメンバーに殺された悲劇などが語られていたそうだ。

なお、ミックのインタビューについてコールマンは、以下のようにコメントしていた。

「大きなできごとはすべて語られてたが、そのことについて興味深い発言はなかった。そのインタビューの起こし原稿では、常にミックは控えめで、誰の気持ちも傷つけないようにしているのが感じられた」


そして、最終的にミックがコールマンに「もう自伝はやりたくない」と伝えて出版が取り止めになったとのこと。

以前に「BBC」のインタビューでミックは、「実際に執筆を始めたときに楽しめなかったんだ。今を生きることを犠牲にしてまで、自分の人生を追体験することをね」と述べていた



『ロッキング・オン』最新号のご購入は、お近くの書店または以下のリンク先より。

ミック・ジャガーの出版されなかった自伝のゴーストライター、「酷い経験だった」と告白 - 『rockin'on』2021年8月号『rockin'on』2021年8月号

公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする