COUNTDOWN JAPAN 21/22を開催します

COUNTDOWN JAPAN 21/22を開催します
カウントダウン・ジャパン21/22を12月28日、29日、30日、31日の4日間開催します。コロナの感染状況はなかなか予想が難しいですが、全力で準備し開催を実現しようと思っています。
本来なら開催メッセージは、皆さんの参加意欲も盛り上げる明るいものになるべきだし、私たちもこれまでそうしたものを書いてきました。しかし、今の状況ではこれまでとは少し違うメッセージを書かなくてはなりません。申し訳ありませんが最後まで読んでいただきたく、お願いします。

収容人数を各日1万人とします。緊急事態宣言は解除されましたが、現在は経過措置期間となり、イベントの人数制限がかかっているためです。はっきり言って1万人では採算に乗せることは困難です。そこで私たちは赤字にならないギリギリの運営スキームで開催することにしました。それはステージはEARTH STAGEひとつ、装飾関係の演出はゼロという、例年のカウントダウン・ジャパンとは全く違う形です。感染状況のどのような変化にも対応できるよう開催実現を最優先し、大晦日も前3日と同じ終演時刻とし、年越しはおこないません。ご理解いただけると幸いです。ステージ空間だけはPA、照明、ビジョン、全てこれまでのものを守っていきます。言うまでもなく、そこが命だからです。しかしそれ以外は機能に徹していきます。飲食エリアの席数、トイレの数、そうしたものは変えていません。しかし演出は何もありません。運営を機能的にするため1日券のみの発売となります。チケットのキャンセル、リセールもできません。チケットのオペレーションの詳細については近々発表しますので、よく読んで申し込んでください。

感染症対策も万全を目指します。ステージエリアは全て指定の座席となります。そしてグループディスタンスをとらせていただきます。簡単に言うと1人で申し込まれた方は左右に空席があります。2人で申し込まれた方は2人は並んで座っていただき、その左右に空席が設けられます。今回は、1人もしくは2人での申し込みに限定させていただいているので、参加者全てがそうした形で着席いただきます。

参加される方は新型コロナウイルスワクチンの2回接種、もしくは来場日の72時間以内のPCR検査による陰性証明が必要です。事務局指定機関でのPCR検査は1,100円(+郵送費)で、費用はご本人負担とさせていただきます。指定機関以外での検査結果も受け付けます。全てが例年と違う形になります。その多くは参加者の皆さんへのサービス低下につながる変更です。本当に申し訳なく思います。こうしたことを納得した上で参加を決めていただければと思います。

今年、いくつかの夏フェスが開催されました。しかしその多くが採算的に厳しい結果だったと聞いています。今、私たちの業界は赤字を覚悟で開催するか、開催を断念するかの二択を迫られています。私たちも春、ジャパン・ジャムを開催しましたが赤字でした。多くのイベンターの方と同じように、開催することで、何とか状況を打開したいという思いが強くありました。しかしこのままの形で続けていては何の展望もひらけません。この制限の中、少しでも利益を生み出せる開催スキームを作っていかなければなりません。私たちはチケット代11,000円がこの開催スキームで皆さんにお願いできる上限と考えました。1日1万人だと採算ギリギリというラインです。はたして皆さんに受け入れていただけるのか分かりませんが、この形でやらせていただきたいと思います。本来、参加する方はその興行が、自分の支払うチケット代の対価にふさわしいかどうかを考え参加を決めます。主催者がどのような事情を抱えているのかは参加者の関知しないところです。対価にふさわしくないと言われたら、そのとおりです。それでも参加をお願いするのは、はっきり言って参加者の皆さんへの甘えです。申し訳ないですが甘えさせてください。必ず最高のフェスを作ることで参加者の皆さんに返す覚悟が私たちにはあります。実を言うとアーティストの皆さんにも、例年とは違う条件での参加をお願いしています。感謝しかありません。とても心苦しいですが、今年のカウントダウン・ジャパンはこうした形で開催させてください。

私たちの業界は本当に追い込まれています。数多くの仲間たちが、この仕事を離れていってしまいました。残った私たちも厳しい戦いを強いられています。この冬も、いくつかの冬フェスが行われます。多くが例年とは違う形での開催となっています。それぞれのフェスが生き残りを模索しながら、この状況下で戦っています。みんなと共に頑張っていきたいです。

音楽を止めない。フェスを止めない。このメッセージを私たちは掲げています。もうフェスを中止にしたくありません。例えこれまでと違う形になっても、フェスという音楽による祝祭空間を守っていかなくてはという強い思いが私たちにはあります。それは皆さんも同じだと思っています。例え人数が少なくても、素晴らしい音楽と参加者の熱い想いがあれば最高のフェス空間が作れることを私たちは今年のジャパン・ジャムで証明しました。一緒に最高のカウントダウン・ジャパンを作ってください。よろしくお願いします。

出演アーティスト発表、チケット販売は10月19日からおこないます。

2021年10月14日
COUNTDOWN JAPAN総合プロデューサー
渋谷陽一

公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする