東京事変、ツアー最速レポート! 変幻自在の5人の新境地とは?

東京事変、ツアー最速レポート! 変幻自在の5人の新境地とは?

9月30日の府中の森芸術劇場を皮切りに、最新アルバム『大発見』を携えたツアー「LIVE TOUR 2011 DISCOVERY」を開催中の東京事変。
このツアー前半戦の模様を、現在発売中の「ROCKIN’ON JAPAN1月号」が最速でレポート。5人のライヴ写真とテキストを掲載する、全10ページの特集だ。

10月19日の大宮ソニックシティ、さらに10月26日の福岡サンパレスホテル&ホールの2公演を観た上で書かれた記事によると、今回の「LIVE TOUR 2011 DISCOVERY」はショー全体として前回の全国ツアー「ウルトラC」の何倍も密度の濃い内容になっているという。写真では、インパクトの大きい衣装3パターンを着てライヴを行っているメンバーの姿を見ることができる。
また、ツアーで使われる映像は、東京事変のミュージック・ビデオから出演CMまで、映像表現においてタッグを組んでいる映像作家・児王裕一が手がけており、ライヴの一部として大きな役割を担っているようだ。
12月26日の追加公演までツアーは続くため、その内容の詳細までは明らかにされていないが、バンドの状態の良さとテンションの高さをレポートは伝えている。変幻自在で驚きにみちた東京事変の新境地に迫る内容だ。

さらに、次号「ROCKIN’ON JAPAN2月号」(12月29日)では、ツアー後半戦レポートを実施。こちらはツアーの全日程終了後の発売号となるため、ネタバレを気にせずライヴの全貌を伝えるレポートになりそうだ。
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする