フー・ファイターズのデイヴ・グロールの世界最大のドラム・スティックが公開に

フー・ファイターズのデイヴ・グロールの世界最大のドラム・スティックが公開に


デイヴ・グロールが故郷オハイオ州ウォーレン市から贈られた重さ900ポンド(約400キロ)もある巨大ドラム・スティックが7月7日に一般に披露された。

スティックはパルプの原木となる丸太から彫りだされたもので2本デイヴに贈呈され、7日からウォーレン市の円形劇場で陳列された。その後巨大ドラム・スティックはデイヴに捧げられた市の一角であるデイヴ・グロール・アリーに移設されるという。

ハリウッド・リポーター誌によればこのドラム・スティックはすでにギネスブック越えを果たして世界最大のものとなっているそうだが、デイヴは今回の贈呈について次のようにツイッターで語っている。

「あまりに素晴らしいウォーレン市のみなさんに、心の底からありがとうと言いたいです。ぼくの子供時代の思い出。ぼくの家族。ぼくにちなんだ路地。そして世界最大のドラム・スティック! こうしたものすべてと、みなさんのサポートすべてに対して感謝です。でも、一番感謝したいのはこんなに素敵なコミュニティになってくれていることです。俺はオハイオ州ウォーレンの出身だっていうのが誇らしく思えるそんな土地だからです」

デイヴはウォーレン市で生まれたが、デイヴが幼かった頃にはデイヴは両親とともにワシントンDC近郊のヴァージニア州に引っ越している。

なお、先頃ジャック・ホワイトはザ・ホワイト・ストライプスの世界記録をギネスブックが認めようとしなかったと不満をぶちまけている。ジャックとメグ・ホワイトはかつてカナダのニューファンドランドでシンバルを1音叩いただけという世界最短のコンサートを行ったことがあるとギネスブックに申請したが、ギネスブックに認定を拒否されたと憤っている。

制作中のデイヴの巨大ドラム・スティックの動画はこちらから→

(c) NME.COM / IPC Media 2012
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする