レディオヘッド、前身バンドのデモ・テープ4本が400万円相当でオークションに

レディオヘッド、前身バンドのデモ・テープ4本が400万円相当でオークションに

レディオヘッドの前進バンド、オン・ア・フライデーのデモ・テープ4本が49999ドル(約405万円)でネット・オークションに出品されている。

バンドはオン・ア・フライデーからシンディグと一時バンド名を変えた後、その後レディオヘッドに落ち着いたが、今回出品されたデモは最初の4本のデモだと言われている。テープはどれもカセットで、4本目のものは"Climbing Up A Bloody Great Hill"や"Give It Up"などの楽曲を15曲収録したものになっている。現在、誰も入札はしていないが、値下げ交渉は続いている。

なお、先月、別の男性に交際相手の女性を寝取られた男性が、彼女の分として取ってあった10月9日のイギリス公演最終日のレディオヘッドのチケットを募集広告サイトで売りに出して話題になった。売主は、譲る人の希望として、別れた彼女への嫌がらせにする写真をいちゃつきながら撮らせてくれる魅力的な女性を挙げ、レディオヘッドの熱烈なファンであることも必須だとしていた。

オン・ア・フライデーのデモ・テープのオークションはこちらから→
http://www.ebay.com/itm/Radiohead-first-four-demo-cassette-tapes-On-A-Friday-Shindig-Manic-Hedgehog-/160912578428?pt=Music_on_Vinyl&hash=item257723177c
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする