ポール・マッカートニー、ハリケーン・サンディ被害支援ライヴでニルヴァーナ再結成に参加

ポール・マッカートニー、ハリケーン・サンディ被害支援ライヴでニルヴァーナ再結成に参加

12月12日に開催されたハリケーン・サンディ被害支援チャリティ・ライヴに出演するポール・マッカートニーはニルヴァーナのデイヴ・グロールとクリス・ノヴォセリックと共演すると伝えられているが、『ザ・サン』紙がそのきっかけを伝えている。

『ザ・サン』紙によると、ポールはデイヴから「仲間と一緒にジャム・セッションしてくれないか」と頼まれて連絡を入れると、ドラムがデイヴでベースがクリスで、ギターをパット・スメアが務めているのに気付いたとか。

「最初はその顔触れの意味がわからなくてね。でも、連中はまた一緒に本当にやれて本当に嬉しいっていう話をしていて、ぼくは『ええっ? おまえら、そんなに長い間、一緒になんにもやってないの?』って驚いちゃってさ。すると誰かがぼくに耳打ちしたんだよ。『これ、ニルヴァーナですよ。ポールさん、あんたがカートなんです』ってね。もう信じられなかったよ」

ハリケーン・サンディ被害支援ライフの121212コンサートにはほかにもザ・ローリング・ストーンズ、ブルース・スプリングスティーン、ボン・ジョヴィらが出演する予定になっている。

なお、ポールは最新作『キス・オン・ザ・ボトム』に続く新作の制作に取りかかっているとされていて、キングス・オブ・レオンなどを手がけてきているプロデューサーのイーサン・ジョンズが、マーク・ロンソンとともにポールとスタジオ入りしていることを明らかにしている。また、アデルのプロデューサーとして有名なポール・エプワースも参加していると伝えられている。

デイヴは現在、クィーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジの新作に参加しているほか、ロスアンジェルスのサウンド・シティ・スタジオのドキュメンタリー映画『Sound City』に取り組んでいて、来年の1月にサンダンス映画祭で世界プレミア上映を行う予定だ。

(c) NME.COM / IPC Media 2012
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする