リアム・ギャラガー、オアシスの楽曲をライヴでやり過ぎとノエル・ギャラガーを批判

  • リアム・ギャラガー、オアシスの楽曲をライヴでやり過ぎとノエル・ギャラガーを批判
  • リアム・ギャラガー、オアシスの楽曲をライヴでやり過ぎとノエル・ギャラガーを批判 - ビーディ・アイ『BE』6月5日発売

    ビーディ・アイ『BE』6月5日発売

  • リアム・ギャラガー、オアシスの楽曲をライヴでやり過ぎとノエル・ギャラガーを批判
  • リアム・ギャラガー、オアシスの楽曲をライヴでやり過ぎとノエル・ギャラガーを批判 - ビーディ・アイ『BE』6月5日発売

6月5日(水)に新作『BE』をリリースするビーディ・アイのリアム・ギャラガーは、ノエル・ギャラガーがオアシスの楽曲をライヴで披露し過ぎていると批判している。

リアムは今後のライヴではオアシスの楽曲は2曲にとどめると明らかにしていて、ノエルが『ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ』の楽曲をしっかり披露しなかったことを批判して次のようにNMEに語っている。

「(オアシスの楽曲は)2曲にとどめるよ、というのも過去を引きずってる連中が多過ぎるからね。セットのうちの10曲もやるわけにはいかないだろ、俺たちはもうオアシスじゃねえんだから。ノエルは結構な数の曲をやるけどね、そこがファッキン・ノエルたるところだからな。自分からオアシスを解散させておきながら、自分のファッキン・ライヴのセットじゃ半分もファッキン・オアシスの曲をぶち込んでくるんだからな、ただの統合失調症だろ。そんなにオアシスの曲をやりたいんだったら、さっさとオアシスを再結成させればいいだろってんだよ、クソボケが。でも、俺たちがやったように、ハイ・フライング・バーズの楽曲だけで世の中に向かい合っていくだけのキンタマも持ってねえんだよ。あの男はそういう腰抜けなんだよ」

なお、バンドは6月にイギリスで3公演ほどライヴを予定していて、夏にはV・フェスティヴァル、T・イン・ザ・パーク・フェスティヴァル、サマーソニックへの出演を予定している。

また、バンドは4月29日に『BE』からの2枚目のシングル"Second Bite Of The Apple"をリリースしている。

"Second Bite Of The Apple"を聴くにはこちらから→

(c) NME.COM / IPC Media 2013
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

フォローする