さいたまスーパーアリーナでTHE YELLOW MONKEYを約15年ぶりに観た

さいたまスーパーアリーナでTHE YELLOW MONKEYを約15年ぶりに観た
ロックバンドは美しいからこそ壊れやすく、壊れやすいからこそ美しい。
それをよくわかっている4人が今、ひとつに力を集めて「永遠」の結束を誓いながらTHE YELLOW MONKEYの楽曲を鳴らしていることに約3時間、感動が止まらなかった。

楽曲、演奏、15年経っても全く衰えを感じさせないルックスのスター性と肉体的な健やかさ、どこを取ってもTHE YELLOW MONKEYの真似をすることは誰にもできないと改めて感じるライブだったが、誰も彼らの真似をできない一番の理由は、そんな「純粋な誓い」がTHE YELLOW MONKEYのサウンドやグルーヴに血液として巡っていることだ。
それがないとTHE YELLOW MONKEYにならない。
今の4人には、それがある。
だから復活したのだと思う。
生のTHE YELLOW MONKEYを久々に観て(吉井は「生もの」と言っていました)それがよくわかった。
復活したのは僕たちのよく知っているTHE YELLOW MONKEYであると同時に、誓いを新たに生まれ変わった、全く新しいTHE YELLOW MONKEYでもあった。(古河)
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする