超特急カイ×タクヤ 高校の同級生からメンバーになった、運命的なふたりの関係に迫る

超特急カイ×タクヤ 高校の同級生からメンバーになった、運命的なふたりの関係に迫る

超特急でメインダンサーを務めるカイ(2号車)とタクヤ(4号車)は、超特急のメンバーになる以前に、高校の同級生だったという特別な関係性がある。本日発売のCUT2019年11月号では、そんなカイ×タクヤの“BOYS TALK”対談を掲載。学生時代からの仲だからこそのエピソードや当時の心境を語っている。

超特急には、カイより少し遅れて加入することになったタクヤ。加入当時を振り返り、次のように語る。

入ることになってから、カイは放課後に超特急の曲を教えてくれて、すごく助けてくれました。僕は、ダンスをまったくやったことがなかったですからね。超特急の曲の他にEBiDANの全体曲とかも覚えなきゃいけなくて、4、5曲を一気に練習したんです(タクヤ)

僕もタクヤに支えられていましたよ。高校の仲間、友達が同じグループのメンバーとしてやっているというのは、支えになりましたし、「タクヤがいなかったらどうなってたんだろうなあ?」って思います」(カイ)

また今回の記事では、より深くその関係性に迫るべく、事前アンケートを敢行。「男として感じる魅力」「この機会に聞いてみたいこと」など、普段は面と向かって言わないような内容に、お互いの個性を認め合う回答や、改めて知るお互いに対する思いが垣間見える。

(カイは)頭の回転が速い。ステージ上でカメラに抜かれる時の魅せ方が上手い(タクヤ)

なんか恥ずかしい(笑)。僕もいろんなアーティストさんのファンなので、「こうしたら嬉しいだろうなあ」っていうのが、なんとなくあるんです。そういうのを自然とやっているんですよね(カイ)

僕たちはライブのカメラワークも大事にしているので、カイの姿勢は見習いたいです(タクヤ)

その他、「ふたりでデュエットするなら歌いたい曲は?」の質問ではまさかのシンクロ回答も! 

超特急としての活動はもちろんのこと、役者やファッションブランドプロデュースなど着々と活躍の場を広げていくふたり。その自然体なボーイズトークとアンケート回答の全文を、ぜひ誌面でチェックしてほしい。

掲載号のご購入はこちら。

超特急カイ×タクヤ 高校の同級生からメンバーになった、運命的なふたりの関係に迫る
Cut 編集部日記の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする