ミュージカル界の若きスター、海宝直人がCUT初登場!

ミュージカル界の若きスター、海宝直人がCUT初登場!

CUT10月号(9/18発売)では、海宝直人さんがCUTに初登場します。3月から休館していたシアタークリエでオリジナルミュージカルを無観客のなかライブ映像配信するというプロジェクト「TOHO MUSICAL LAB.」が行われ、海宝さんは配信された2作品のうち『Happily Ever After』に出演。劇団四季や数々の本格ミュージカル作品に出演されてきた海宝さんが今回挑んだ新しいかたちのミュージカルについて、ご自身のミュージカルへの想いも含めてお話を伺いました。

海宝さんが生田絵梨花さんと出演した作品『Happily Ever After』は、夢の中で出会いながら決して触れ合うことの叶わない男女の物語。絶妙な距離感で繰り広げられる男女のやり取りは、ポップでもありロマンチックでもある、不思議な世界観のこの作品について海宝さんは次のように語ってくれました。

台本を読んだ時からこの物語はどこかこちらの心に寄り添ってくれるような感覚があって。ソーシャルディスタンスというのも、ある意味知らない者同士の気持ちの距離のようなイメージとして上手に作品に落とし込まれ、それもすごく面白いなと思いました

30分という長さで展開が早いため、役の背景について深くディスカッションをしたという海宝さん。生田さんと稽古後についつい話し込んでしまい、時間の経過にハッとすることも度々あったといいます。そして、作品を通じて“共有”がすごく大きなテーマだと感じたそうです。

それってこのコロナ禍の僕らにとっても大事なことだと思いました。人は他人となにかをシェアすることで癒されるし元気になれる。そういう気持ちが伝わる作品になればという思いも込めて演じていました

今までにない作品への試みでしたが「本当にやってよかった!」と満足気にお話されており、今後のミュージカルのあり方への前向きな姿勢に心強さを感じました。ほかにも、歌や表現の幅を広げるための取り組みや、自身の新作2ndアルバムについてもお話を伺っています。ミュージカル界を引っ張る存在である海宝さんの、「ミュージカル界は明るい!」と思わせてくれるテキスト全文は本誌にてお楽しみください!(長岡絢子)

掲載号の購入はこちらから。

ミュージカル界の若きスター、海宝直人がCUT初登場!
Cut 編集部日記の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする