中村倫也の役者としての“強さ”と“しなやかさ”の正体とは?

中村倫也の役者としての“強さ”と“しなやかさ”の正体とは?

CUT11月号(10/20発売)には、10月スタートドラマ『この恋あたためますか』に出演される中村倫也さんが登場。本作でドSな若社長を演じる中村さんに、ドラマのこと、役作りのこと、演じることへのスタンスなどを伺い、作品に向き合う中村さんの素直な気持ちに触れるインタビューとなりました。

以前から「あまり役作りを意識しない」とおっしゃっていた中村さん。「役作りをしているな、って思わせない役作りをしている」と語る中村さんに、その理由を伺いました。

自分もこうやって歳を重ねていろんな経験を積んで、いろんな人に会ってきた中で……他人のことは決め付けられないよな、っていうことがわかってきて。それと似たような感じが、自分の演じる役柄にも感覚として降りてきたんですよね

キャラクターをこうだと決め付けずに、ゼロから作っていくそう。『美食探偵 明智五郎』を経ての『この恋あたためますか』で演じるやり手の社長役がますます楽しみになりました。このコロナ禍での撮影となった現場の雰囲気について訊くと、中村さんらしい返答が。

他の人はわからないけど、僕自身は変わってないですね。うん、だって……しょうがないよね(笑)

ステイホーム中も臨機応変にこの状況に対応し、家で忙しく過ごしていたそうですが、この状況だからこそ気づくこともあったそう。芝居への向き合い方を中村さんらしく淡々と語り、これまでの経験故の役者としての強さに迫ったテキストと、ミステリアスな大人の魅力漂うフォトは必見。さらに中村さんの魅力に引き込まれるはずです。(長岡絢子)

掲載号の購入はこちらから。

中村倫也の役者としての“強さ”と“しなやかさ”の正体とは?
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする