デビュー10年、浅香航大はストレートなラブストーリーとをいかに演じるのか? 今だからこそできる純粋な表現の裏側に迫る

デビュー10年、浅香航大はストレートなラブストーリーとをいかに演じるのか? 今だからこそできる純粋な表現の裏側に迫る

本日発売のCUT4月号に、浅香航大さんのインタビューを掲載しています! 4月から放送スタートの木ドラ24『花嫁未満エスケープ』に出演される浅香さん。数多くの役を演じている浅香さんですが、なんと王道なラブスートーリーは今回が初めてだそう! 新たな挑戦となる「ラブストーリー」に、どのような想いで向き合おうとしているのかお話たっぷり伺いました。インタビューを、一部抜粋してご紹介します。

昔は「キラキラしたラブストーリーなんて」みたいなことを思ってる時期もありましたけど、今はむしろやりたいと思ってますね。あと、今まではラブストーリーでもヒール側っていうか、ライバルみたいな役ばかりだったんですよ。そうじゃない、ちゃんとしたラブストーリーというか、王道なものにチャレンジしたいなっていう気持ちがあったので。年齢的にも、20代最後にやれるのはちょうどいい機会だなと思います


AbemaTV『私たち結婚しました2』の経験を通して、ラブストーリーこそ結局すべての基礎だったなあって思えたんですよね。ラブストーリーって、自分の気持ちももちろん動くし、観ているお客さんにもこんなに楽しんでもらえるんだっていうことを知って。10周年にしてようやく基礎を経験したみたいな、そんな気がします。だから、どんどんそういう経験をしていって、どんどんシンプルにシンプルになっていっていますね。


誌面では、今月の表紙巻頭でもある『チェリまほ』のお話も含め、幅広くお話を伺っています。撮り下ろしフォトと合わせて、CUT4月号でぜひチェックしてみてください!(小泉麻衣)


CUT4月号は現在以下にてご購入可能です。

デビュー10年、浅香航大はストレートなラブストーリーとをいかに演じるのか? 今だからこそできる純粋な表現の裏側に迫る
CUT 編集部日記の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

人気記事

最新ブログ

フォローする