CUT2月号の表紙!

CUT2月号の表紙!

2011年の初表紙を飾るのはジョニー・デップ!
今年は『ツーリスト』『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』『ランゴ』など、主演作の日本公開が目白押しの彼。2011年を動かす顔としては、申し分ないでしょう。
そして、恒例特集のラインアップだけど、今回はかなり気合入っています。
これまでちょこちょことこのブログでそのラインアップを紹介してきたけど、ここで一気にすべてを明かします。

エマ・ワトソン/櫻井翔/アンドリュー・ガーフィールド/ブレイク・ライブリー/
高良健吾/豊崎愛生/THE BAWDIES/佐藤信介/大森立嗣/品川祐/瀬田なつき

それぞれの美麗フォト&ロング・インタビューで、2011年のエンターテインメント界を象徴するだろう12組の動向に迫ります。

今月はさらにさらに濃厚なコンテンツをお届けします。

まずなによりも読み応えばっちりなのが、デヴィッド・フィンチャーの2万字インタビュー。
今週の土曜日、ようやく“21世紀を代表する傑作”こと『ソーシャル・ネットワーク』が全国公開される若き巨匠だけど、『セブン』や『ファイト・クラブ』はもちろんのこと、PVやCMを作成していた時代までにさかのぼって、そのクリエイティブの源泉を明らかにしてくれています。

さらに蒼井優×深川栄洋、仲里依紗×行定勲、と女優×監督対談を2発、さらにさらに、ちばてつやの、デヴィッド・リンチの、園子温の、ロング・インタビューがフィーチャーされています。

正直、これだけ読み応えのある雑誌を、しかも年末休みを挟んで、しかも20日に発売されるHを同時に作りながら、作成するのは、予想以上にタフな作業だけど、泣いても笑っても間もなく校了。
最高の雑誌をお届けできるように、ラストスパート、頑張ります!
発売は来週の水曜日(19日)。よろしくです。(内田亮)
Cut 編集部日記の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする