気になる映画の音楽1:『監督失格』の矢野顕子

気になる映画の音楽1:『監督失格』の矢野顕子

特にハリウッド映画で顕著なのだが、最近、映画とまったく関係ないタイアップ曲が主題歌となっていることが多くてウンザリするけど、そんな中、まさにこれぞ映画の主題歌とと強く提示してくれたのが平野勝之監督の『監督失格』のために矢野顕子が書き下ろした“しあわせなバカタレ”。
映画を観ること自体が強烈すぎる体験なんだけど、この曲によりその強烈な体験がさらに別次元なものになっていくという、本当にとんでもない楽曲である。
そもそもタイトルからして、あまりにも素敵すぎる。
こちらの予告編で断片的に聴けます。
http://k-shikkaku.com/trailer/index4.php
そして、来週末公開される映画も是非、観て欲しい。これほど作り手の生理が露呈された映像はなかなか観たことはない。
映画については既に、ここ(http://ro69.jp/blog/cut/50382)や、ここ(http://ro69.jp/blog/cut/56711)、また現在発売中のCUT9月号で独占展開した平野監督とプロデューサーの庵野秀明の対談で紹介しているので、そちらもご覧になってください。(内田亮)
Cut 編集部日記の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする