M83に、みんななりたかった。新木場スタジオコーストでの来日公演を観て

M83に、みんななりたかった。新木場スタジオコーストでの来日公演を観て

やっぱり、最高だった。

いつまでもこのドリーミーな空間に浸っていたい……

って思いそうなところを、

バッキバキ

のダンス・ミュージックで躍らせてくれた。このうえない肉体性。それこそが、M83と、巷のドリーム・ポップ勢を頭何個分も隔ててきたのだ。

思えば、チルウェイヴ(懐っ!)。もしくは、ニューゲイザー(もっと懐っ!!)。そんな言葉でM83のサウンドが語られた時代もあった。まあ、もっと遡ればさらに出てくるんですがね……

ともかく。

M83はいつも結果的に最先端のサウンドを鳴らしてきたので、そうやって新潮流の筆頭、みたいに言われてきたのも無理はない。

だけど『hurry up we're dreaming』以来、彼の音楽には本当に隙がない。ドリーミーな音を出すのに、夢を見てる場合じゃない、というのを、作品もろとも証明してしまっていた。そして最新作『Junk』もまた、そういうアルバムなのである。究極のベッドルーム・ミュージックなのに、ポップ・ミュージックとしての強度、アートとしての完成度が半端ない。それでもって、ユーモラスな感性もあれこれ放り込んでいて、余裕ですっ!って勢いである。昨晩のライブの構成自体も、完璧だった。

宅録のスターで、ひとり壮大なポップ絵巻を仕上げてしまう彼は、Caribouなどと並んで宅録勢の憧れであり続けてきた。みんなM83になりたかったのだ。


どうでもいいけど、普通の人が、ネット上で有名になっちゃったこの動画、もし見ていなければ。彼もきっと、M83になりたかったのであろう。

https://vimeo.com/31579331
羽鳥麻美の「POP郊外散歩」の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

フォローする