植田真梨恵、赤坂BLITZワンマンで弾けまくっていた!

植田真梨恵、赤坂BLITZワンマンで弾けまくっていた!
「この夏一夜限りのライブへようこそ!」と本人も何度も言っていたが、ニューシングル”ふれたら消えてしまう”で一瞬の大切さ、過ぎ去ってしまう時間の儚さを歌いきった植田真梨恵の、「今」のすべてが詰まったようなライブだった。

1曲1曲で表情をコロコロと変えながら、時に両足を踏ん張ってギターをかき鳴らして歌い、時にステージを所狭しと動きまわって歌い……。
バンドサウンドを背負いながら、その中で自由に表現している姿がめちゃくちゃキラキラしていて、目が離せなかった。
10月12日にリリースすることが発表されたばかりの新曲”夢のパレード”も初披露された、大満足の2時間強でした。

植田真梨恵のライブは「楽しい!」だけじゃなくて、力強さと、ほんの少しの切なさが輝いている。
それは、彼女自身が全身全霊ですべての瞬間を大切にしているのが伝わってくるから。
そんな彼女の発するパワーを存分に浴びて、ライブが終わった時、なんだか本当に清々しい、前向きな気分になっていた。

写真はライブ終了直後の弾ける笑顔!

そして植田真梨恵、8月13日のROCK IN JAPAN FESTIVAL 2016に登場です。
彼女の歌声が野外に響く光景が、今から楽しみ。(後藤)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする