デビューEPがリリース。本誌初登場の羊文学にフレッシュなインタビューを敢行。

デビューEPがリリース。本誌初登場の羊文学にフレッシュなインタビューを敢行。
バンド名が印象的な「羊文学」の歴史は、ヴォーカル・ギターの塩塚モエカが、
中学生の頃に結成した5人編成バンドにさかのぼる。

幾度となく訪れたメンバーチェンジや、受験による音楽活動の休止。
それでもバンドをしたい、音楽で生きていきたい、という彼女の真摯な思いは、外野まで届き始めている。

前作はタワーレコードの未流通チャートで売れ行き好調だとか。
1stEP『トンネルを抜けたら』とともに、本誌初登場のフレッシュなインタビュー。
ぜひ読んで、ライブにも足を運んでもらいたいです。
本インタビュー掲載の『ROCKIN'ON JAPAN』11月号は、9月30日発売!(峰典子)

最新ブログ

フォローする