ついにメジャーデビュー! オメでたい頭でなによりに取材しました

ついにメジャーデビュー! オメでたい頭でなによりに取材しました
オメでたい頭でなによりが、ついにメジャーデビューシングル『鯛獲る』をリリースします。
なんとオメでたいことでしょう!
「オメでたい」の象徴のような美味しい魚=鯛に「ここからやってやるぞ!」という力強い想いを託し、パワフルなバンドサウンドと情熱的な歌声を全開で響かせている作品です。
荒海を背景とした崖っぷちでの犯人の独白が聞こえてくる気がする“歌謡サスペンス劇場〜わたしがやりました〜”、アイドル文化のツボを押さえまくった“推しごとメモリアル”、彼らと親交があるKenKenによるリミックスも収録されているこのシングルを聴けば、ラウドロックの興奮、親しみやすいメロディを満載したこのバンドの魅力がよくわかると思います。
メンバー全員が登場するインタビュー記事は、『ROCKIN'ON JAPAN』5月号に掲載しますので、読んで頂けると嬉しいです。

彼らの音楽は、様々なパロディが散りばめられているのも、非常に楽しいポイントのひとつです。
何か気になったものがあったら、ネット検索などで調べてみることをオススメします。

そういえば、記事には反映しなかったのですが、今回のインタビュー中に、どういうわけか『チャージマン研!』の話でメンバーたちと盛り上がってしまいました。
みなさんは、この作品をご存知ですか? 70年代に放送されたアニメーションです。

ううっ、「アニメーションです」と一応は言いましたが……猛烈に動きが乏しく、作画がめちゃくちゃなところも多々あり、「酔っぱらって脚本を書いたのでは?」
というとんでもないストーリーを連発するこの作品は、数年前から酔狂人の間で人気を博していて、関連グッズやLINEスタンプなども密かに発売されています。
興味がある人は、ぜひチェックしてください。
オメでたい頭でなによりを、より楽しめるヒントをみつけられるかもしれないですよ。(田中大)
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする