My Hair is Bad、白球が空をブチ抜くようなライブを観た

My Hair is Bad、白球が空をブチ抜くようなライブを観た
ロックバンドをやるのも簡単じゃない時代になってるし、それははっきり言って加速している。
でも、そんな時代に敢えてロックバンドを信じるなら、それはたとえばMy Hair is Badのように計算通りじゃできないことだけでできているようなバンドじゃなきゃいけない。
やっぱり計算通りにはいかない、不確実の向こう側にある奇跡は、ロックバンドのライブでしか味わえない。
今のような時代だからこそ、その意味や価値や感動は際立ちもするのだ。

彼らにとってやっと辿り着いたツアーファイナル、さいたまスーパーアリーナの最終日。
やってくれると思ったけど、マジで不確実の向こう側にある凄い場所に連れてってくれた。
ダブルアンコールのラストは彼らにとって始まりの歌である〝月に群雲〟だった。
《僕の中の本当の顔は/きれいでも不確かなものばっかり》
何かが終わろうとしている時代の中で、本当にロックバンドでなければならないロックバンドの時代が始まるのを感じたライブだった。(古河晋)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする