ノエル・ギャラガー、EDMアクト隆盛の音楽フェスの将来を杞憂

ノエル・ギャラガー、EDMアクト隆盛の音楽フェスの将来を杞憂

★今月末のフジロック・フェスで、もうじき日本に再上陸するノエル・ギャラガー兄貴ですが、

昨今のUK&欧州フェスの出演ラインアップにEDM系アクトが急増してきていることに対し、

「音楽フェスの将来やユース・カルチャーの将来を考えると杞憂せざるをえない」とコメントしている。


★週末のT・イン・ザ・パーク・フェス出演前、ノエルが英ラジオ局XFMの取材に応えた際のコメントがこれ。


「未だにフェスで客が一番見たがってるのが、
レディオヘッドやコールドプレイ、プロディジー、ケミカル・ブラザーズとかの15年近くのキャリアを持つベテラン・アクトばかりっていうのが今の音楽シーンの状況を象徴してるよな。

だから今後そういうベテラン達が『もう十分、金は稼いだから引退しよう』なんて時期が来て、
そこに残されてるのがどういう連中か?ってことを考えた時、
おれは音楽フェスの将来、ひいてはユース・カルチャーの将来をどうしても杞憂せざるを得ないわけだよ。

クールな帽子を被ってフェイクなDJデッキにCDを差し込むだけ、みたいな奴ら(←EDMアクトを仄めかしている)ばかりしか残らなくなるんじゃないか?ってね。
それって音楽好きにとってはつくづく希望のない未来だと思うよ」
児島由紀子の「ロンドン通信」の最新記事

最新ブログ

フォローする