リバティーンズ最新ゲリラ・ライヴ@ロンドンを見逃した(泣)方々へ(動画やセトリなど)

  • リバティーンズ最新ゲリラ・ライヴ@ロンドンを見逃した(泣)方々へ(動画やセトリなど)
  • リバティーンズ最新ゲリラ・ライヴ@ロンドンを見逃した(泣)方々へ(動画やセトリなど)
  • リバティーンズ最新ゲリラ・ライヴ@ロンドンを見逃した(泣)方々へ(動画やセトリなど)
  • リバティーンズ最新ゲリラ・ライヴ@ロンドンを見逃した(泣)方々へ(動画やセトリなど)

★英国時間7月28日(火)の夜、何の予告もなく、
ザ・リバティーンズがロンドンのパブで抜き打ちゲリラ・ライヴ(それも一夜に2回も)を行ったことはファンの皆さんならもうご存知かと思いますが、

今回のゲリラ・ライヴは、ロンドン在住の筆者にとっても「あまりに抜き打ち!!!」過ぎたため無念にも見逃してしまった、、、。

(1)そもそも7月25日に彼らの英公式Facebookで「近々ロンドンで何かやりたい、云々」という長~い暗号めいた声明文を彼らがUPした時から、
これはもしかして「ロンドンで近いうちにゲリラ・ライヴをやる」というヒントなのでは???、、、とむちゃくちゃ気になりつつも、
その後、数日たっても、リバ関連の各サイトに何も続報がUPされない。
さらにタイミング的にもちょうどRockin'on(8月1日発売号)の〆切が終わったと同時に次号用の取材が入りその質問作り+リバ新作の歌詞の対訳仕事の〆切がもろに被ってしまいキリキリ舞いしていた筆者は忙しさに追われ、この件に関してはチェックし忘れていた。


(2)そして7月29日の朝、
ネットのニュースで7月28日(火)の夜、北ロンドンのパブ=ダブリン・キャッスルとブルーズ・キッチンでリバのゲリラ・ライヴがあったことを知る!!!!!!
ううう、、、見逃した。ぐやじいいいいい~~~!!!悔し涙にくれ地団太を踏みながらリバ関連のサイトをいろいろチェックしていたら、

(3)なあ~んとライヴ当日=7月28日(火)の午後~夕方にかけて、
リバのインスタグラム(!)に彼ら自身が「ゲリラ・ライヴのヒント」を投稿していたのを発見!!!

どうやら28日の午後、彼らは北ロンドン・メイダヴェールにあるBBCスタジオでラジオ番組のセッションを収録した後、
メンバー全員でそのまま北ロンドン・キャムデンのパブ=ダブリン・キャッスルに向かい、そこで飲んでいるうちに当夜のゲリラ・ライヴを急遽目論んだと思われる。

Busy day today ...

The Libertines Officialさん(@thelibertines)が投稿した写真 -


つまり今回のゲリラ・ライヴは、
「24時間リバ関連の各サイト&SNSを入念にチェックしていて、当日のその時間に運よく北ロンドン近辺にいた超ラッキーなファン」だけが観れた、ということになる。

なので今回はまぁしょうがないか、、、と必死で涙をこらえつつ自分に言い聞かせているのですが、

★そんな筆者も含め今回のリバティーンズのゲリラ・ライヴを見逃した方々のために、まずは当日のライヴ動画をいくつか。

http://www.youtube.com/watch?v=d2tu91JpARg

http://www.youtube.com/watch?v=oCReuariWyQ


★当日のセトリはこれ。


1, Fame and Fortune
2, Death on the Stairs
3, Boys in the Band
4, Begging
5, Gunga Din
6, Time for Heroes
7, Campaign of Hate
8, Vertigo
9, Anthem for Doomed Youth
10, The Ha Ha Wall
11, Barbarians
12, France
13, Can't Stand Me Now
14, What Katie Did
15, What Became of the Likely Lad
16, Don't Look Back Into the Sun
17, I Wanna Be adored(ザ・ストーン・ローゼズのカバー)
18, We'll Meet Again(ヴェラ・リンのカバー)
19, I Think We're Alone Now(ティファニーのカバー)
20, Someday(ザ・ストロークスのカバー)
21, Rudie Can't Fail(ザ・クラッシュのカバー)
22, The Good Old Days
23, Music When the Lights Go Out
24, Tears Dry On Their Own(エイミー・ワインハウスのカバー)
25, Hired Gun(アラン・ワスのカバー)
26, What a Waster
27, I Get Along
28, Knees Up Mother Brown(Chas & Daveのカバー)

今もSNSや各サイトに続々UPされているファンの投稿によると、
「全28曲(!)、2時間以上も続いためっちゃ濃いライヴだった」ようだ。

うああああああ~~~~~~ん!!!!!!
やっぱり観たかったよおおおおおおおおおお(こらえきれず激しい嗚咽)。
児島由紀子の「ロンドン通信」の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする