プログレ・ロック史を築いたアルバム×50枚(代表曲の動画つき)

プログレ・ロック史を築いたアルバム×50枚(代表曲の動画つき)
プログレ・ロック史を築いたアルバム×50枚(代表曲の動画つき)
プログレ・ロック史を築いたアルバム×50枚(代表曲の動画つき)
癌との長い闘病の末、亡くなった元ELPのグレッグ・レイクを偲び(キース・エマーソンも今年亡くなったんですよね、、、R.I.P.)、

今日はこんな企画記事をご紹介。


★60年代に「プログレ・ロック」という音楽ジャンルを確立しはじめ、
21世紀の今日に至るまで”プログレ史”を築いてきた代表的なアルバムを音楽サイトTeam Rock.comが50枚厳選。

プログレ・ロック史を築いたアルバム×50枚(代表曲の動画つき)
プログレ・ロック史を築いたアルバム×50枚(代表曲の動画つき)
プログレ・ロック史を築いたアルバム×50枚(代表曲の動画つき)

ж グレッグ・レイクが在籍したキング・クリムゾンやエマーソン・レイク・アンド・パーマー、
プログレ好きなら知らない者がいないピンク・フロイドやイエスやフランク・ザッパ、
日本でも人気が高かったムーディー・ブルースやマイク・オールドフィールドやザ・ナイスやザ・ソフト・マシーンやマハビシュヌ・オーケストラ、
プログレ嫌いだったはずのジョン・ライドン先生が実は大好きだったヴァン・ダー・グラフ・ジェネレイター、
さらにはプロコル・ハルムやマグマやフォーカス、キャラバンやカンサスやキャメルetcが揃って入っていると同時に、

жザ・ビートルズの『サージェント・ペパーズ~』(67年)や、
ザ・ビーチ・ボーイズの『ペット・サウンズ』(66年)、
クラフトワークの『アウトバーン』(74年)や、
レディオヘッドの『OK コンピューター』(97年)、
ミューズの『ブラック・ホールズ・アンド・レヴァレイションズ』(06年)まで入っています。
(この辺のアルバムが”プログレ”としてカテゴライズされているのはちょっと意外だったけど)。

プログレ・ロック史を築いたアルバム×50枚(代表曲の動画つき)
プログレ・ロック史を築いたアルバム×50枚(代表曲の動画つき)

★「アルバム50枚のリスト+各アルバムの代表曲の視聴動画」はこちらのリンクから。

http://teamrock.com/feature/2016-11-06/history-of-prog-in-50-albums
児島由紀子の「ロンドン通信」の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする