英紙が選ぶ「ブライアン・イーノの名曲」×10(全曲視聴可♪)

  • 英紙が選ぶ「ブライアン・イーノの名曲」×10(全曲視聴可♪)
  • 英紙が選ぶ「ブライアン・イーノの名曲」×10(全曲視聴可♪)
  • 英紙が選ぶ「ブライアン・イーノの名曲」×10(全曲視聴可♪)
  • 英紙が選ぶ「ブライアン・イーノの名曲」×10(全曲視聴可♪)
  • 英紙が選ぶ「ブライアン・イーノの名曲」×10(全曲視聴可♪)
  • 英紙が選ぶ「ブライアン・イーノの名曲」×10(全曲視聴可♪)

★チル・アウトかつ哲学的な瞑想に耽りたい週末を過ごすのにぴったりの音楽といえば、やはりブライアン・イーノ。

英ガーディアン紙がそんなあなたのために、イーノのこれまでの作品から「ベスト10」を選出しています。

(1)同紙が選んだトップ10はこんな感じ。


1, Roxy Music - Ladytron
2, Brian Eno - Needles in the Camel's Eye
3, Brian Eno - The Big Ship
4, Harmonia and Eno '76 - Welcome
5, David Bowie - Warszawa
6, Brian Eno - Julie With,,,
7, Brian Eno - An Ending (Ascent) Hour Long Version
8, Brian Eno - Thursday Afternoon (61 Minute Version)
9, Eno and Hyde - Cells & Bells
10, Brian Eno - Fickle Sun (iii) I'm Set Free


(2)上記10曲の視聴は下記のリンクから。

注:スポティファイで聴けない人は、
下記のページ先で「青色でプリントされた曲名」をクリック→公式YouTubeページに誘導&視聴できます。

https://www.theguardian.com/music/musicblog/2017/jan/25/brian-eno-10-of-the-best
児島由紀子の「ロンドン通信」の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする