スマパンのビリー・コーガン、自身の楽器や機材150点以上(!)を一挙に売り出す

  • スマパンのビリー・コーガン、自身の楽器や機材150点以上(!)を一挙に売り出す
  • スマパンのビリー・コーガン、自身の楽器や機材150点以上(!)を一挙に売り出す
  • スマパンのビリー・コーガン、自身の楽器や機材150点以上(!)を一挙に売り出す
  • スマパンのビリー・コーガン、自身の楽器や機材150点以上(!)を一挙に売り出す

★来年2018年に「オリジナル・ラインアップで活動・再開!!!」が噂されているスマッシング・パンプキンズですが、

バンドの中心人物=ビリー・コーガン(ヴォーカル)が、

★8月16日より、
これまでの作品の「レコーディングやライヴで使ってきた自身の楽器+機材150点以上」を米オンライン・マーケット・サイトReverbで一挙に売り出すことが発表された。

(1)ハイライト・アイテムの中には、
ж 初期スマッシング・パンプキンズのデモ録音で使ったドラム・マシーンやストラトキャスター(ギター)、
ж スマパンのアルバム『 Siamese Dream 』 と 『 Mellon Collie and the Infinite Sadness 』のレコーディングで使ったMarshall JMP-1アンプ2台、
ж Zwanやソロ活動期のアルバム制作やライヴで使ったGibson Les Paul Special(ギター)や各種アンプ、

等も混じっているらしい。


(2)商品リスト&購入の詳細等はこちらの公式サイトから。

https://reverb.com/news/billy-corgan-artist-shop-preview~
児島由紀子の「ロンドン通信」の最新記事

最新ブログ

フォローする