リアム、将来あなたの音楽スタイルを変える気がある?「ロックンロールは死んだ、今はグライムが新しいR&Rだ」とボビー・ギレスピーが発言していたが、あなたの意見は?等のファンの質問に答える

リアム、将来あなたの音楽スタイルを変える気がある?「ロックンロールは死んだ、今はグライムが新しいR&Rだ」とボビー・ギレスピーが発言していたが、あなたの意見は?等のファンの質問に答える

★現在、絶賛来日ツアー中!!!
そしてつい先日、公開され、
早速ここUKでも賛否両論を巻き起こしているノエル・ギャラガー兄貴の70sディスコ~♪な新曲“Black Star Dancing”。

★これを受け、
(1)ある英国人ファンが弟リアム・ギャラガーさんをまたもや刺激するような質問をリアムさんのTwitterに投稿(汗、、、)。

(2)さらにもう一人のファンも、
最近ボビー・ギレスピーが英メディアで語った発言=「ロックンロールは死んだ、今はグライムが新しいR&Rだ」にからめた質問を、
事もあろうに“最後のロックンロール・スターらしいロックンロール・スター”と目されているリアムさんに提出。

★むろんリアムさんも「おぅ、売られたケンカは買うぜ!」と言わんばかりにお得意の「リアム語」リプライで応戦しています。

その際のファン2人とのやりとりが以下のリンク。

https://www.radiox.co.uk/~

жファン2人とのやりとりをざっと日本語に訳すとこんな感じ。

(1)ファン「リアム、あなたも将来(ノエルのように、という含みを込めた英国人特有の言い回し)違う音楽スタイルを試す気がある?」

リアムさん「絶対ねぇよ!」

(2)ファン「最近ボビー・ギレスピーが『ロックンロールは死んだ。今はグライムが新しいR&Rだ』と言っていましたが、
この説については?」

リアムさん「ロックンロールは絶対死なねぇよ、今はちょっとしたこん睡状態に入ってるだけでさ。
そのうちまた(目を覚まして)蘇ってくるって」
児島由紀子の「ロンドン通信」の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする