ジェニファー・ロペス&シャキーラによる圧巻のスーパーボウル・ハーフタイムショーが大絶賛。全編映像が公開に

ジェニファー・ロペス&シャキーラによる圧巻のスーパーボウル・ハーフタイムショーが大絶賛。全編映像が公開に - pic by Getty Wire Image/TIFFpic by Getty Wire Image/TIFF

アメリカでは毎回最高視聴率を獲得するスーパーボウルが2月2日に開催された。ミュージシャンにとってもキャリア最大のイベントとなるハーフタイムショーだが、今年はジェニファー・ロペスシャキーラというラテンを代表する女性2組が出演。その圧巻のパフォーマンスが、満場一致で大絶賛されている。

NFLがポストした全編映像はこちら。


NYタイムズ紙は、「ジェニファー・ロペスとシャキーラが、ダンスとスペクタクルと、ラテンのプライドでスーパーボウルに輝きを取り戻した」と絶賛。

取り戻した、と言っているのは、去年のマルーン5によるハーフタイムショーが一般的に酷評されたからだ。「ジェニファー・ロペスは、ハーフタイムショーに出演するために生まれてきた」とも。


ローリング・ストーン誌も「ジェニファー・ロペスとシャキーラがスーパーボウルのハーフタイムショーを圧する」と絶賛。


会場で観ていたファレル、カーディ・B、そしてジェニファー・ロペスの婚約者、アレックス・ロドリゲスも次々に興奮の様子をインスタにポストしている。


今年のハーフタイムショーは、 ジェイ・ZのROC NATIONが初めてNFLと提携し手がけたものでもある。


こちらは会場入りしているビヨンセ一家。


ハーフタイムショーには、プエルトリコからバッド・バニー、コロンビアからJ. バルヴィンもゲストで出演。

何より話題となったのは、JLOの11歳の娘さんEmme Maribel Munizが母と“Let's Get Loud”をデュエットしたこと。その場面が、ダンスでアドレナリン出まくりのショーの中で最もメッセージ性を放っていたのだ。

ブルース・スプリングスティーンの“Born In The USA"も演奏され、JLOはアメリカの国旗とプエルトリコの国旗が裏と表に描かれた衣装を身にまとっていた。今の大統領は、自然災害の後もプエルトリコへの支援を削減するような仕打ちをしているが、それに対するメッセージだと思う。つまり我々はひとつなのだという。

さらに、その曲の始まりは娘さんと子供達が檻に入っていた。それも国境線上での子供達の扱いに対するさりげない抗議なのだ。


彼女は、このハーフタイムショーについて、 Varietyのインタビューで「今この時代に2人のラテン女性アーティストがステージに立つというのは大事なことだと思う」と答えていた。

「ミュージシャンである以上、スーパーボウルでパフォーマンスすることを夢みない人っていないと思う。だからそれを今年実現できるなんて、夢が叶ったと言える」

「2人のラテンの女性がマイアミでステージに立ち、この街の特徴をステージにもたらすことができるのも嬉しく思っている。すべてが完璧にうまくいったと思う。私達の特徴をここで世界に見せることができる。今この時代に、ラテン系の人々がアメリカでどのように扱われ、どのように見られているのかを考えた時、私達がステージに立つのは大事なことだと思う。私達には、特徴的で美しい、価値のあるカルチャーがあり、しかもそれは、この国にとって必要なものであることを見せるのは大事だと思う」

「私が一番の目標にしているのは、とにかく楽しめるものであること。私達がどんな人間なのかというセレブレーションにしたいから。私達全員のね。私達は全員一緒だから。だから、その瞬間に全員をひとつにしたいと思っている」

多くのレビュー、そして一般人からセレブまでが絶賛しているのも、彼女達がまさにその目標を達成したからだ。

2017年にハーフタイムショーに出演しているレディー・ガガも絶賛。

「JLOもシャキーラもスペシャルゲストも全員が最高だった! なんて楽しいハーフタイムショーなの。私はずっと踊って笑っていた。本当にパワフルでセクシーな女性達! カメラに映っている時も映っていない時も。美しくてセクシーで才能のある女性達を愛しているわ!」

先週はグラミー賞、今週はスーパーボウル、そして来週はアカデミー賞だ。ちなみに、JLOがノミネートされずアカデミー賞はメディアから大ブーイングを受けていた。彼女はハーフタイムショーのステージで『ハスラーズ』で見せたポールダンスを披露していた。

ハーフタイムショーのセットリストは以下。

シャキーラ
1. Intro
2. She Wolf
3. Empire
4. Ojos asi
5. Whenever, Wherever
6. I Like It (with Bad Bunny)
7. Chantaje (with Bad Bunny)
8. Hips Don't Lie

ジェニファー・ロペス
1. Jenny From the Block
2. Ain't It Funny
3. Get Right
4. Waiting for Tonight
5. Booty/Love Don't Cost a Thing (with J. Balvin)
6. Mi Gente (with J. Balvin)
7. On the Floor
8. Let's Get Loud (with Shakira)
9. Waka Waka (This Time for Africa) (with Shakira)
中村明美の「ニューヨーク通信」の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする