AppleがLala を買収

AppleがLala を買収

先週末にアップルが、
米国で展開している音楽サービス、
Lalaを買収した。

Lalaは、音楽ストリーミング・サービスで、
一度であれば楽曲を無料でフル試聴でき、
1曲あたり10セントを払えば、
ネット上では何度でも聴くことができるサービス。
追加して79セントを払うと、
楽曲のファイルが自分のPCにダウンロードされ、
iPodなどに入れることができるようになる。

アップルは今回の買収の目的については
発表していない。
ただ、Lalaの技術や人材をどう使うかに関しては
明確なヴィジョンがあるのではないだろうか。

最終的にどんな手を打ってくるかは分からないが、
今回の買収が、現在の音楽市場にとって
一つの突破口になる可能性はあると思っている。

先日、グーグルとの提携も発表されていたLalaだが、
リスナーがLalaの持つ膨大な音楽データベースに
簡便にアクセスできるような、
そんなサービスが実現する日も近いのではないか。

そのサービスが日本でも行なわれるかは分からないし、
実現するまでは時間がかかるかもしれない。

ただ、音楽の価格が混沌としている現在のなかで、
多くの人が納得してペイできる画期的なサービスが
現れるのを本当に待ち遠しく思っている。

先日、海賊ダウンロード問題について提起した
リリー・アレンはついに活動休止を発表してしまったが、
今後こういうことは更に起こるかもしれない。
既に、欧米では新人に対する逆風が吹き始めている。

リリー・アレンが言いたかったのは、
もはや音楽自体に対する被害が出ているということだろう。
早く彼女が戻ってこれるような
市場が生まれればと思う。(古川)
rockin'on 編集部日記の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする