ジェイ・Zの新作では、最も身近な3人の女性、母親、妻、娘に向けた壮絶でリアルなメッセージが歌われている。

ジェイ・Zの新作では、最も身近な3人の女性、母親、妻、娘に向けた壮絶でリアルなメッセージが歌われている。
妻には自らの浮気について、母親にはレズビアンとして生き抜いた彼女の人生について、娘には自分が彼女に残す遺産の使い方について、それぞれリアルで正直な言葉で語りかけている。
それを全米ナンバーワンとなるポップ・アルバムとして成立させてしまうパワーが凄い。今夜のワールド・ロック・ナウではしっかり歌詞を解説しながらアルバムを紹介したい。
渋谷陽一の「社長はつらいよ」の最新記事

最新ブログ

フォローする