カルヴィン・ハリスをサマー・ソニックで観る

カルヴィン・ハリスをサマー・ソニックで観る
現在のポップ・ミュージック・シーンの最強の勝者と言っていい存在のアーティストだが、何故彼が勝つのかがとてもリアルに伝わって来る見事なパフォーマンスだった。
自分は踊らず人を踊らすダンス・ミュージックであるEDMが、一種機能主義的な側面を持つのは必然的なことだ。つまりDJのエモーションがその機能を追究するマッド・サイエンティストな趣になるのも必然だと思う。
カルヴィン・ハリスにとって、機能を最大化する方程式は、あらゆるものを最適化することなのだ。
過剰にもならず、不足にもならず機能を最大化する為の最適化、それを彼ほど見事にやってみせるアーティストはいない。
それを巨大なスペクタクルとして見せてくれた凄いショウだった。
渋谷陽一の「社長はつらいよ」の最新記事

最新ブログ

フォローする