ブルースの古典であり強力に男性的なナンバー「フーチー・クーチー・マン」の主役を女性に変更。世界観の転換と、凄腕のバンド・メンバーに支えられたluki のブルース・ハープのグルーヴをこのMVで体験して欲しい。

  • ブルースの古典であり強力に男性的なナンバー「フーチー・クーチー・マン」の主役を女性に変更。世界観の転換と、凄腕のバンド・メンバーに支えられたluki のブルース・ハープのグルーヴをこのMVで体験して欲しい。
  • ブルースの古典であり強力に男性的なナンバー「フーチー・クーチー・マン」の主役を女性に変更。世界観の転換と、凄腕のバンド・メンバーに支えられたluki のブルース・ハープのグルーヴをこのMVで体験して欲しい。
  • ブルースの古典であり強力に男性的なナンバー「フーチー・クーチー・マン」の主役を女性に変更。世界観の転換と、凄腕のバンド・メンバーに支えられたluki のブルース・ハープのグルーヴをこのMVで体験して欲しい。
  • ブルースの古典であり強力に男性的なナンバー「フーチー・クーチー・マン」の主役を女性に変更。世界観の転換と、凄腕のバンド・メンバーに支えられたluki のブルース・ハープのグルーヴをこのMVで体験して欲しい。
lukiによる洋楽の訳詞シリーズの第2弾。第1弾「朝日のあたる家」につづいて選ばれたのは「フーチー・クーチー・マン」。それを主役を女性に変え世界観を転換してみせた。その面白さもさることながら、言葉や歌、楽器が作り出すグルーヴを感じてもらえると嬉しい。
カット・ナイトでは他にも、素晴らしいカバー・ナンバーを披露してくれている。毎回、先行で売り切れてしまっているけれど、次回は少し席を増やすので是非ライブで体験して欲しい。そして4月にはカバーによるワンマン・ライブも行われるので、そちらも来ていただけると嬉しいです。



渋谷陽一の「社長はつらいよ」の最新記事
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする