望まれた歌姫の姿を、目と耳で

安室奈美恵『Ballada』
2014年06月04日発売
ALBUM
安室奈美恵 Ballada
投票を募り、その上位15曲+1という構成で編集されたバラード・ベスト。現在でこそ国内きってのR&Bディーヴァとしての評価を確立している安室だが、彼女は小室哲哉プロデュース時代のポップスから昨年の『FEEL』における現代型EDMに至るまで、多彩な楽曲を歌いこなしてきたシンガーだ。R&Bの名手として存在感を決定的にしたのは、今世紀に入ってから05年の『Queen of Hip-Pop』にかけてだろう。本作は安室のバラード曲をコンパイルしたというだけではなく、現在の彼女の「国民的ディーヴァ」という評価をフィルターに、安室ソングスを捉え直す側面を持っている。

今年に入ってからのシングル“TSUKI”は、かつてのアルバム曲でアニメ映画主題歌となった“Four Seasons”と共に、オリエンタルな風情を運び込んで極東の歌姫を浮かび上がらせる。“SWEET 19 BLUES”や“CAN YOU CELEBRATE?”といった初期の名曲は新録ヴォーカルであり、新たに制作された映像も含むMV集同梱パッケージもリリースされるなど、今日の視点があってこそ再定義される安室奈美恵の姿だ。(小池宏和)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする