現在進行形のコレクション

阿部真央『シングルコレクション19-24』
2014年08月20日発売
ALBUM
阿部真央 シングルコレクション19-24
タイトルどおり、19歳から24歳の間に発表された直近の“Believe in yourself”までが14曲。休むことなく走り続けてきた印象が強い阿部真央だが、5周年イヤーにひと区切り……というわけでもなさそうだ。リリース順そのままに収録されているので“伝えたいこと”から聴き始めることになった本作だが、一瞬「あれ、新録かな?」と思ってしまうぐらい音の感触が変わっている。本人の立ち会いの下、スティーヴン・マーカソン(ローリング・ストーンズからジェイク・バグまで大物作品を手掛けているエンジニア)によるリマスタリングが施され、目立つところではギター・サウンドがよりクリアかつヴィヴィッドに、そしてボトムのアタック感が大きくなっている。過去の音源に馴染んで来たファンは少し戸惑う部分があるかも知れないが、8月に配信予定のハイレゾ音源も含めて「阿部真央自身が今、届けたい音」として受け止めて欲しい。また、彼女はデビュー当時から鮮烈な歌声の持ち主だったし多彩な歌唱スタイルを誇っていたが、“光”や“最後の私”では繊細な表現の急激な成長ぶりも確認できる。(小池宏和)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする