「逃げ」のないポップミュージック

イトヲカシ『捲土重来』
2016年05月11日発売
MINI ALBUM
イトヲカシ 捲土重来
中学時代からの同級生である伊東歌詞太郎(Vo)と宮田“レフティ”リョウ( B・G・Key)によるユニット・イトヲカシが待望の全国流通盤をリリース。『捲土重来』というタイトルの四字熟語は、バンド活動が上手くいかなかった過去を持つふたりの決意を表しているという。1曲目“堂々巡リ”は、螺旋を描くように繰り返す日々だって長い目で見れば実は上り階段なんだ、という歌。以降の曲も同様だが、彼らの音楽は、夢や希望で以って日々を輝かせてやるんだ、という執念が漲っている。「こうしてやるんだ」という意志の塊そのものの言葉と音には、上っ面だけの調子の良さや曖昧な甘さがない。意外と泥臭いが、だからこそ信用できるのだ。ライヴの光景が目に浮かぶような“Thank you so much!!”、王道ど真ん中のバラード“たましいのゆくえ”なども収録。動画サイトで注目を集めながらも「直接会って『ありがとう』と言いたい」と日本全国、さらには海外でも路上ライヴツアーを行ってきた彼ら。全6曲は個性豊かではあるが、どれも人の体温に近い温かさを感じられるような仕上がりになっている。(蜂須賀ちなみ)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする