怒濤の上昇気流を生み出したもの

マイ・ケミカル・ロマンス『ザ・ブラック・パレード:リヴィング・ウィズ・ゴースツ』
発売中
ALBUM
マイ・ケミカル・ロマンス ザ・ブラック・パレード:リヴィング・ウィズ・ゴースツ
突然の解散から3年経ってもなおマイ・ケミカル・ロマンスが渇望されている―というかマイケミという物語が明確な終章を迎えないままファンの魂が虚空を彷徨っている今の状況の違和感を、今年7月の「すわ復活か!?」の空騒ぎが何より明快に証明している。生と死を巡る葛藤とその果ての生命への渇望を、この上なくエモーショナルなロック・オペラとして描き切った『ザ・ブラック・パレード』をはじめマイケミの音楽が、この混沌とした時代を生きる世界中のキッズの通奏低音として機能していた、ということだ。『ザ・ブラック・パレード』10周年の記念盤としてリリースされる今作には、“パーティー・アット・ジ・エンド・オブ・ザ・ワールド”など初音源化の5曲に加え、“ウェルカム・トゥ・ザ・ブラック・パレード”の前身となる楽曲“ザ・ファイヴ・オブ・アス・アー・ダイイング”のラフ・ミックスを含む計11曲を収めたディスクが同梱される。“ザ・ファイヴ・オブ・アス・アー・ダイイング”の時点でも壮大なロマンにあふれていた楽曲を“ウェルカム・トゥ・ザ・ブラック・パレード”の凄絶な高揚感へと昇華した当時のマイケミの熱量に、抗い難く胸が揺さぶられる。(高橋智樹)
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする