新しい扉を開いた歌姫の決意

Aimer『ONE/花の唄/六等星の夜 Magic Blue ver.』

2017年10月11日発売

Aimer ONE/花の唄/六等星の夜 Magic Blue ver.
今年5月にベストアルバムを2枚同時リリースし、8月に行われた初の武道館公演も即日完売という快挙を成し遂げたAimer。そんな彼女にとって今作は13枚目のシングルとなるのだが、1曲目の“ONE”を聴いた途端に眩しく広がったサウンドスケープには思わず驚きと感嘆の声が出てしまった。彼女の多彩な楽曲群を振り返っても他に類を見ないような、心も身体も弾む、瑞々しく明るいポップなメロディに乗せられた《ふりだしから踏み出す一歩は/前よりも ずっと強いから》という言葉からは、冒頭に書いた華々しい功績をゴールや中間地点ではなく「スタートライン」とした彼女の自信と決意がひしと伝わってくる。

梶浦由記がプロデュースを手掛け、ダークでドラマチックな世界観をオーケストラの演奏を交えて表現した新曲“花の唄”、星の瞬きのように美しいピアノの旋律と共にリアレンジされたデビュー曲“六等星の夜 Magic Blue ver.”、そして中島みゆきの不朽の名曲“糸”のカバーを収録という聴き応え満点シングルから始まった彼女の新たな物語。さらなる羽ばたきが楽しみだ。(峯岸利恵)

最新ブログ

フォローする