混沌の中にある揺るぎない美学

Plastic Tree『doorAdore』
発売中
Plastic Tree doorAdore
Plastic Treeはメンバー4人全員がそれぞれに優れたソングライターであり、作詞も作曲も手掛ける。今作も、様々な組み合わせで制作された楽曲が並び、その多彩さを存分に味わえる。たとえばシングルでリリースされた“念力”、“雨中遊泳”など、有村竜太郎(Vo)作詞、長谷川正(B)作曲の楽曲がPlastic Treeの芯にあるとして、ナカヤマアキラ(G)作曲の超絶ヘヴィなギターロック“scenario”や、佐藤ケンケン(Dr)作曲の哀切のにじむポップでスケール感を感じさせる“残映”など、バンドは楽曲ごとにその表情を変化させる。有村が作曲を手掛けた“いろつき”などは、意外なほどにキャッチーで軽快さを感じさせるものだが、もうどんな楽曲であろうとも、有村の声がすべてを統べ、Plastic Treeの音としてそこに存在させる。同じく有村作曲の“ノクターン”でも、切なく耳に滑り込む歌と、不穏でフリーキーなギターとが、それぞれバラバラに存在しているようでいて、明確にひとつの景色を描いているのだ。バンドがこれまで培ってきた混沌の美学。それがこのアルバムでは見事に表現されている。(杉浦美恵)
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする