放映が待ち遠しい

神様、僕は気づいてしまった『名前のない青』
発売中
DIGITAL
神様、僕は気づいてしまった 名前のない青
初のフルアルバム『20XX』、そして初のワンマンツアーを成功させて以降、神様、僕は気づいてしまった初の音源となる本作は、ベースの和泉りゅーしん作詞作曲。20年1月から放送がスタートする、湯浅政明5年ぶりのテレビシリーズとして話題のNHKのアニメ『映像研には手を出すな!』のエンディングテーマだ。原作である同名の人気漫画は、アニメ愛に溢れた主人公の女子高生が、仲間とともに自らの妄想を膨らませたアニメを作るという冒険譚なわけだが、この“名前のない青”は、どハマりしている。

陰影の濃いシャープなギターロックが、押し引きをわきまえた緩急を伴いながら、スピーディーに奏でられる。妄想が想像力によって豊かに広がることで作品が生まれ、それが不特定多数の知らない誰かの人生に影響を与える。と同時に、この世界における自分の存在証明となるというものづくりの根源が、ヒリヒリと描かれている。現状ティーザー的にアニメ映像が公開されているが、かなりワクワクする映像になっており、この“名前のない青”が重なった時のカタルシスは相当大きいだろう。(小松香里)
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする