今欲しい生身の「手」が宿る音楽

スピッツ『猫ちぐら』
発売中
DIGITAL
スピッツ 猫ちぐら
ラジオ『SPITZ 草野マサムネのロック大陸漫遊記』で急遽発表された新曲。この発表スタイルも新鮮だが、制作も、メンバー同士が顔を合わせることなく、セルフプロデュースで、リモートで行われたのだという。これは、30年にわたって新しい風を取り入れ続けてきたスピッツだからこそ、できたことでもあると思う。

“猫ちぐら”という草野マサムネワールドな曲名の中に広がるのは、優しいアコギの音色と、メロディアスなベース、どっしりとしたビート。ほっとするほどスピッツな演奏に、不意に高まる歌声がのる。その歌詞は《斜め方向の道がまさか/待ち構えていようとは》《心弾ませる良いメロディー/追い続けるために》《願わくば優しい景色描き加えていこう》――この状況下に響く言葉たち。彼ら自身も、春から夏にかけてのライブが延期となった。それでも「スピッツ」として「今」できることは何か?という命題に、即座に真摯に向き合って、この楽曲が生まれたのではないだろうか。スピッツがスピッツで在り続けてくれることで、救われる人は、たくさんいる。温かくも力強い、「手」のような楽曲だと思う。(高橋美穂)

公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする