アップデートされるコミュニケーション

ずっと真夜中でいいのに。『朗らかな皮膚とて不服』
2020年08月05日発売
MINI ALBUM
ずっと真夜中でいいのに。 朗らかな皮膚とて不服
初のフルアルバム『潜潜話』以来、約9ヶ月ぶりのフィジカルリリースとなるミニアルバム。6曲が共通で収録され、初回盤には全収録曲のオフボーカルバージョン等が収録される。

先行配信された“お勉強しといてよ”は、《質のいい病み感情が 溢れた時の/しょうがないって言葉は 照れくさい》という吐露から始まり、《ただ泣きたくて、謀っといて、/集めちゃった感情参考書です。/お勉強しといてよ 解いといてよ》という、解くのが難解な「感情」という計算式にまつわるパンチラインが鮮やか。人間ならではのおかしみをずとまよ流に描き、ファンキーなカッティングとビートとリズムが効いた、自らの表現を軽やかに更新した曲だ。ミドルバラード“マリンブルーの庭園”は少ない音数の中でACAねの歌がとても近い距離で響く。ハイトーンボイスと躍動感溢れるホーンが絡み合うダンスナンバー“MILABO”も良い。

なお、今作には収録されないが、映画『さんかく窓の外側は夜』の主題歌として、新曲“暗く黒く”を書き下ろしたことも報じられている。(小松香里)

公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする