バンドの礎を築いた1枚

デフトーンズ『ホワイト・ポニー(20周年記念スーパー・デラックス・エディション)』
発売中
ALBUM
デフトーンズ ホワイト・ポニー(20周年記念スーパー・デラックス・エディション)

デフトーンズの3rdアルバム『ホワイト・ポニー』が発売から20年を迎え、オリジナル・アルバムとリミックス集『BLACK STALLION』をコンパイルした20周年記念スーパー・デラックス・エディションとしてリリースとなった。このアルバムで、90年代後期のニュー・メタル的な並びから外れた独自のサウンドを確立し、のちに続く2000年代のポスト・ハードコア/スクリーモ勢、ヘヴィ・ミュージック・シーンにインスピレーションを与えていった作品だ。『ホワイト・ポニー』では、より動と静のコントラストを持ったサウンドへ、またリフ押しの一辺倒ではなく心象を映したアンビエントな要素で曲を色付けていくギターや、トリップホップやエレクトロニカ、シューゲイザー等も取り込み構築的なバンド・アンサンブルへと音像が変化。自由度を増したチノ・モレノのボーカルは、その声に滲んでいた翳りや妖艶さが濃度を増して、曲に耽美的な香りも纏わせていった。何より、実験的な緻密さとともに、制作の濃密さやそこに漂う混沌、精神的な緊縛と解放という凄まじいテンションやエネルギーが渦巻いているのが、今もなおリスナーやミュージシャンを惹きつける理由だろう。またアルバムには、スコット・ウェイランドや、この作品での進化に影響を与えているだろうトゥールからメイナード・キーナン等が、ゲストVoで参加している。

そしてこの『ホワイト・ポニー』を丸々1枚リミックスしたのが『BLACK STALLION』で、バンドのルーツに当たるだろうロバート・スミス(ザ・キュアー)や、マイク・シノダ、ファントグラム、スクエアプッシャー、DJシャドウ、ブランク・マス等ジャンルを超えたアーティストが参加。それぞれ大胆な解釈で曲を輝かせる。(吉羽さおり)



各視聴リンクはこちら

ディスク・レビューは現在発売中の『ロッキング・オン』3月号に掲載中です。
ご購入はお近くの書店または以下のリンク先より。


デフトーンズ ホワイト・ポニー(20周年記念スーパー・デラックス・エディション) - 『rockin'on』2021年3月号『rockin'on』2021年3月号
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする