信じているから深いんだ

Official髭男dism『Universe』
発売中
SINGLE
Official髭男dism Universe
これまでも『映画ドラえもん』関連の歌は即効性が高く、我が子(現在6歳)はすぐに口ずさんでいたのだけれど、今回の『映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争 2021』の主題歌はヒゲダンである。イントロから超絶ピアノが響き渡る、ちょっぴり大人っぽいナンバーなので、さすがに歌うのは難しいだろう……と思いきや、アニメで流れだすや否や《未来がどうとか理想がどうとか/ブランコに揺られふと考えてた》と歌っているじゃないか! 6歳が歌うと、とんでもなくリアル! これを子どもが歌うことを(たぶん)想定して作ったヒゲダン、恐るべしである。子どもがシンパシーを覚える言葉をちりばめて入口を広げつつ、まさに宇宙のように奥深いテーマになっている歌詞。洗練性を高めたままで、大衆性との絶妙なバランスを突いた曲調。これらは、『ドラえもん』の世界観をリスペクトしているからというのと、子どもの感性を信じているからこそできたことだと思う。彼らが、映画などの様々な作品、そして老若男女の全国民と、愛し愛される関係性を築くことができている理由が、改めてわかるような楽曲だ。(高橋美穂)

公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする