サーペントウィズフィート『ディーコン』

サーペントウィズフィート『ディーコン』
発売中
ALBUM
サーペントウィズフィート ディーコン

こんなにも幸せな愛のアルバムがかつてあっただろうか? ボルチモア出身のR&Bシンガー・ソングライター、サーペントウィズフィートことジョサイア・ワイズは、18年に発表した傑作ファースト『Soil』でも愛をテーマに取り上げていた。

が、光あり影あり愛の様々な局面を掘り下げた同作に対し今回は光だけを見て、複数の男性との関係を通し、崇高かつ甘美な愛を描くことに専念。彼の場合それがブラック&ゲイ・ラブであることは、ジャケットが示している通りだ。同時に、昨年のEP『Apparition』で予告したようにシンプルに、オーガニックに、メロディックに間口を広げて、ひたすら優しく、柔らかく、ぬくもりのあるサウンド表現を追求。

空気をそっと震わせるように発せられる絶妙な引き算ボーカルをそこに幾重にも重ねて、聴き手を抱き寄せる。ヘブンリー、としか表しようがない。(新谷洋子)



ディスク・レビューは現在発売中の『ロッキング・オン』6月号に掲載中です。
ご購入は、お近くの書店または以下のリンク先より。


サーペントウィズフィート ディーコン - 『rockin'on』2021年6月号『rockin'on』2021年6月号
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする