ポールの掌の上で踊る喜び

ポール・マッカートニー『マッカートニーIII IMAGINED[ スペシャル・エディション]』
発売中
ALBUM
ポール・マッカートニー マッカートニーIII IMAGINED[ スペシャル・エディション]

昨年12月にリリースされた『マッカートニーⅢ』の全楽曲をポール自ら選んだ超豪華ミュージシャンが再構築した作品である。シンプルなカバーから大胆なリミックスまで関わり方は様々だが、どの曲にもそのミュージシャンの特性がしっかり刻まれており、よくある茶を濁すような退屈なリミックスなど皆無なのがまず素晴らしい。

『マッカートニーⅢ』はイギリスのロックダウン下でポールがひとり作り上げた滋味深い楽曲・演奏が詰め込まれ、素の彼を楽しめる良作であった。ただ、同じくひとりで制作した1970年の『マッカートニー』や1980年の『マッカートニーⅡ』が持っていた、リリースから数十年経ってようやく理解、評価されるような前衛性や音楽的挑戦には乏しく、その点に限り少し寂しい気持ちを抱いていた。

と、思ったら、本作である。『マッカートニーⅢ』から4ヶ月後にはデジタル・リリースされたスピード感からすると、制作中の段階からもうこの展開がポールの頭にはあったのかもしれない。しかし、これほどの面々に「俺の最新曲、再構築してくれ」と言って即座に作品を成立させてしまえる(そりゃ誰も断れないだろう)という事実。もう何度思ったことか分からないが、それでもここにきて改めて、ポール恐るべしである。

本作の曲順は『マッカートニーⅢ』と異なっており、パーカッシブなビートとポールのファルセットとの絡みが麻薬的に気持ち良く、『ハイパースペース』のムードともリンクするアーバンな仕上がりとなっているフィーチャリング・ベックの“ファインド・マイ・ウェイ”がオープニングを務めている。

ここから続く、どの曲も良い。ミニマルな原曲の旨味を活かしつつサイケデリックなマントラ的音像を構築したフィーチャリング・クルアンビンの“プリティ・ボーイズ”。原曲のムードを尊重しつつコーラスとギターで自らの色を加える仕事ぶりに、レジェンドへのリスペクトを忘れない彼女らしい真摯さが表れたセイント・ヴィンセントによる“ウィメン・アンド・ワイヴズ”リミックス。ハード・ドライビン・ギターが象徴的だった原曲をさらにコテコテのハード・ロックに近づけ、かなり笑える出来となったEOB(レディオヘッドのエド)による“スライディン”リミックス。8分半の長尺だった原曲がさらに11分強まで引き延ばされ、めくるめく展開を見せる超緻密に編み込んだビートとポールのボーカルのぶつかり合いに思わず息をのむ3D RDN(マッシヴ・アタック)の“ディープ・ディープ・フィーリング”リミックス。

このまま全曲列記していきたくなるところだが、無理矢理白眉を決めるならば、フィービー・ブリジャーズによる“スィーズ・ザ・デイ”を推したい。『マッカートニーⅢ』中でも随一の美メロ曲を今の彼女が素直にカバーするとこうなる、という天上の調べのような極上の一曲となっている。

正直、自分は『マッカートニーⅢ』より本作の方が好きなのだが、それで「ポールのオリジナルが負けた」ではなく、「ポールの企てに負けた」と思わされるのが、本当に凄い。心底やられた。(長瀬昇)



ディスク・レビューは現在発売中の『ロッキング・オン』8月号に掲載中です。
ご購入は、お近くの書店または以下のリンク先より。

ポール・マッカートニー マッカートニーIII IMAGINED[ スペシャル・エディション] - 『rockin'on』2021年8月号『rockin'on』2021年8月号

公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする