寓話的な歌詞の映像喚起力

木村カエラ『「マスタッシュ/memories」』
2008年09月10日発売
木村カエラ 「マスタッシュ/memories」 - マスタッシュ/memoriesマスタッシュ/memories
先ごろ完遂した『+1』ツアー期間中にレコーディングされたというニュー・シングル。アルバムからのカットではなく2曲とも新曲で両A面扱い。相変わらずとはいえ凄いバイタリティである。“マスタッシュ”は、NHKホールでのツアー・ファイナルでも早々に披露されたアッパーなロック・チューンで、作曲はA×S×Eによるもの。歌詞はずいぶんとストレートに恋心を綴った一篇なのだが、音楽による身体と感情のブースト・アップを含ませるあたりに関してはいつものカエラ節だと言えるだろう。

さてもう一曲の“memories”は、中島哲也監督による3DCGキャラクター映画『パコと魔法の絵本』の主題歌で、楽曲も渋谷毅と組むという新しい試みなのだが……素晴らしい。遊園地のようなマーチング・ビート風のガジェットなビッグ・バンド・スウィングに、木村カエラの歌が跳ねる。めちゃくちゃワクワクする。以前の“ワニと小鳥”という歌でも感じたが、こういう寓話タッチでの彼女のキレキレな作詞というのは真の才気を感じさせる。主題歌がこれだからという理由で、映画を観てみたい。(小池宏和)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする