バンドって楽しい、の原点

OKAMOTO'S『Let It V』
2014年01月15日発売
ALBUM
OKAMOTO'S Let It V
2014年は、CDデビュー5周年、現メンバーでの活動でも5周年を迎えるOKAMOTO'S。この最新アルバムも5作目。ということで、Let It Beならぬ『Let It V(レット・イット・ヴィー)』と題し、5づくしのアニバーサリー・イヤーを祝す。冒頭の遊び心満載のタイトル曲から、ロック、パンク、ファンク、ラテンが入り混じった極彩色のパーティ・チューンが並ぶ。生き急ぐように疾走するほど、ビートも強靭に、アンサンブルも芳醇に、アイディアもぽんぽんと出てくる感覚で、1日が何時間あっても足りない創作の高いテンションとエナジーと、なによりも楽しさが詰まったアルバムだ。ひらめきや、それ面白い!というネタをいかにして熱いままで、もっと言えば最初の4人の内輪受けを、どう同じ温度で形にして、聴いていてクスっとさせたり、踊ったりときめいたりさせるか。それを、するっとやりのけている。作っている様子やセッションの絵が浮かんで、音がポップに色づいて弾けていく、音楽のマジックが生まれる瞬間に立ち会っているよう。今までよりも強く濃厚に、OKAMOTO'Sのバンド感を味わえる。(吉羽さおり)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする