Dizzy Sunfist、最新作『ANDY』と「Dizzy Sunfist」を解き明かす。説得力がパワーアップしたメロディックパンク――その理由に迫る!

Dizzy Sunfist、最新作『ANDY』と「Dizzy Sunfist」を解き明かす。説得力がパワーアップしたメロディックパンク――その理由に迫る! - photo by Jon...photo by Jon...

私、この曲(“Inspire”)の頭のドラム、ほんまに好きで。今までの自分の音源で、いちばん好きなドラムの音です(あやぺた)

――2曲目の“Inspire”は、ガラッと雰囲気が変わりますね。

あやぺた これ、1年前にレコーディングしたんやっけ?

moAi 2019年の12月には録り終わっていましたね。

あやぺた そのままゲーム(『A.I.M.$』に登場するギャング「ありしあ」のキャラクターソング)に決まって、リリースはいつにしようってなっていて。やっと出せるのが嬉しいですね。

――制作もレコーディングも結構前だったんですね。その時のことは覚えていますか?

あやぺた 私、この曲の頭のドラム、ほんまに好きで。今までの自分の音源で、いちばん好きなドラムの音です。

moAi こういうビートから始まるのは、初めてだったんです。ドラムテックにBACK DROP BOMBの(有松)益男さんに入っていただいたんですけど、生音からすっごいよくて。ドラムの音がかっこいい!っていうだけで、テンションが上がるんですよね。

――たしかに。そして、1曲目、2曲目の振り幅がすごいですけど、さらに3曲目の“Cutie Honey (English Ver.)”でぶっ飛んでいくっていう。この選曲の理由は?

あやぺた シングルにカバーを入れるっていうのは恒例なんですけど、何にしようか?って選んでいる時に、“キューティーハニー”がいいんじゃないかって、レーベルの社長の森さんが言ってきて。

moAi ほんまに急やったよね。なんの脈絡もなく。

――面白いなあ(笑)。

あやぺた 最初はめちゃ不安やったんですけど。どうカバーすればいいのか、って。

moAi いっつもカバーをする時って、頭の中でどういうアレンジにしようってなるんですけど、“キューティーハニー”といえば、世代的に倖田來未さんなんですよ。そもそも倖田來未さんがカバーなので、なんか違うアプローチをしたいんですけど……メロディックパンクのバンドがカバーする“キューティーハニー”がイメージできなくて。最初はめっちゃ苦労しました。どうすればいいんだ!?って。

あやぺた 仮歌も、とりあえず日本語で歌ったんですけど、倖田來未さんになるんです。私、倖田來未さんの歌い方がめっちゃ好きで、昔めっちゃ真似していたから、ギャルギャルしくなるっていう。だから、パンクロックとは結びつかなかった(笑)。根についている倖田來未さんっぽい歌い方がなかなか取れなくて、大変でしたね。

もっと音楽的に、っていうのは意識しています。「ああ、メロコアのカバーなら速くなっただけね」ってなっちゃうのが悔しいんですよ(moAi)

――でも、仕上がったものを聴くと、“キューティーハニー”が、こんなにザ・メロコアになるんだ!って感動しましたよ。

moAi 倖田來未さんのカバーを一回頭から離して、原曲で作ってみたら「あ、意外といけるかも」って。そこから、いろんな時代の“キューティーハニー”のおいしいところを取って、アレンジしていった感じですね。

――じゃあ、勢いでやったというより、考えて構築していったんですね。

moAi そうですね。初期のアニメの曲には、ラッパかなんかでソロがあって、これをギターソロに変換しよう!とか。それぞれの時代のバージョンにしかないコード進行やアプローチがあったので、それをハイブリッドして混ぜていくのが、めっちゃ面白かったです。

――いわゆるポップソングやスタンダードナンバーのメロディックパンクでのカバーって、勢いでやっているのがわかるものもあって。そういうよさもあるとは思うんですが、これは違うっていう気がしていたので、今のお話を聞いて納得しました。

moAi ああ、よかった。ただテンポが速くなっただけ、みたいなカバーは嫌なので。もっと音楽的に、っていうのは意識しています。「ああ、メロコアのカバーなら速くなっただけね」ってなっちゃうのが悔しいんですよ。だから、そう思ってもらえてよかったです。

――ここまでの3曲って、私としては気合いが入る流れだったんですよ。「やっぱすごいなDizzy!」みたいな。そんな中で4曲目に楽しいスカナンバー“Gimme Gimme Pizza!”があって、ちょっとホッとしたところがありました。これはどんないきさつで完成したんですか?

あやぺた ……今回、全部前からある曲やな(笑)。

moAi そうやな! 新しいのは“Cutie Honey (English Ver.)”ぐらいかな(笑)。

――実は(笑)。

moAi “Gimme Gimme Pizza!”も、『EPISODE Ⅱ』のレコーディング中に、「こんなんできたんだけど」って録っていて。でもその時も、今回じゃないかなってなって。

――コンスタントにリリースしているイメージがありますけど、Dizzy Sunfistがこれだけいい曲を隠し持っていたっていうことですね。

moAi すごくよく言っていただいた(笑)。ほんと、そういうことです。

――今回、アートワークも素敵ですね。モヒカンのテディベアっていう。

あやぺた パンク系なテディベアを作っている人が、今回の音源のプロデューサーのマサさん(masasucks)の知り合いにいて。連絡して作ってもらいました。MVには本物のクマが出ているんですよ。

――これ、グッズとかにならないんですか?

あやぺた いや、これを作っている方が個人で。

moAi ハンドメイドなんです。

あやぺた だから、売るとしても高額ですね(笑)。

――なるほど……個人的に欲しくて聞いてしまいました(笑)。5月からは「Dizzy Sunfist Looking for “ANDY” Tour 2021」も始まりますね。

あやぺた 前回はワンマンツアーで、今回は対バン相手がいてくれるので、すっごく楽しみですね。しかも、前回は二部制やったんで、今回は一部にすべてを込められる。もう、今は楽しみしかないです。

次のページMV・リリース情報・ライブ情報
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする